石垣泰輔

関西大学環境都市工学部 教授
京都大学工学部、同大学院で土木工学を学んだ後、4年間日建設計で河川調査等の実務に従事。1981年から京都大学防災研究所にて水害に関する調査・研究をし、2005年から関西大学教授として、都市型水害、水災害時の避難、伝統的河川技術、複断面河道の洪水などについて研究・教育を行っている。