新型コロナの感染や重症化、死亡のリスクには喫煙が強く関係している。もちろん、新型タバコ(加熱式タバコ)でも酸化ストレスや免疫系へのダメージが生じる危険性が高い。英国の大規模な研究によれば、喫煙者は新型コロナの感染リスクも高いことがわかった(この記事は2022/01/04時点の情報にもとづいて書いています)。

英国の大規模調査でわかったこと

 すでに「オワコン」になっているタバコや喫煙行動だが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19、以下、新型コロナ)パンデミックの中、タバコ会社は生き残りをかけたPR活動に躍起になっている。また、パンデミックの初期からタバコ会社・タバコ産業と関係性が指摘されてきた一部の研究者が、喫煙は新型コロナの感染に保護的に作用するという研究論文を発表してきたが、これまで論文は撤回されたり否定されたりしてきた(※1)。

 喫煙が新型コロナの感染リスクを下げるという研究は、すでに過去のものとなっている。2021年9月には、英国のオックスフォード大学などの研究者による、UK Biobankのデータを利用した大規模な集団調査分析と最近の英国の喫煙率、新型コロナの感染結果を比較した研究論文が発表された(※2)。

 この調査研究の参加者は42万1469人、そのうち新型コロナの感染者は1649人、入院患者は968人、そして444人が亡くなっている。そして、入院患者について、現在の喫煙者とこれまでタバコを吸ったことのない人を比較したところ、オッズ比で1.80倍だった。

 この論文が発表された同じ雑誌には、英国のインペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者から論考が掲載され、そこでは新型コロナのパンデミック下で改めて、喫煙者への禁煙サポートや受動喫煙防止といったタバコ対策の重要性が確認されたとしている(※3)。

 ちなみに、この調査研究で使われている「Mendelian randomisation study(メンデル・ランダム化比較試験)」とは、研究参加者の遺伝子多型(SNPs)を使ってランダム化比較試験(RCT)を行う解析手法で、観察された研究データと因果関係、この場合は喫煙が新型コロナによる入院リスクの原因になるかどうかを調べたというわけだ。

1日数本でも高い死亡リスクが

 この調査研究では、喫煙者とタバコを吸ったことのない人の死亡率も比較している。それによれば、1日1〜9本の喫煙者で2.14倍、10〜19本で5.91倍、20本以上で6.11倍、それぞれ新型コロナで死亡するリスクが高いことがわかった。

 吸う本数が増えるほど死亡リスクが上がるが、ここで注目したいのは1日1〜9本でも2倍以上のリスクがあることだ。タバコ会社は新型タバコ(加熱式タバコ)の有害物質の少なさを喧伝しているが、有害物質が入っていることには違いはない。

 新型タバコに健康への有害性があることはタバコ会社自らが述べ、タバコのパッケージにも書いているように、新型タバコにも紙巻きタバコと同様、健康への危険性がある(※4)。

 新型コロナは新たな変異種が登場し、冬本番を迎えて感染拡大する危険性がある。喫煙は感染リスク、重症化・死亡リスクを高め、ワクチンの効果も低くなる。加熱式タバコなどの新型タバコを含め、今からでもタバコをやめる努力をすべきだろう。

※1-1:EUROPEAN RESPIRATORY journal, "Retraction notice for: “Characteristics and risk factors for COVID-19 diagnosis and adverse outcomes in Mexico: an analysis of 89,756 laboratory-confirmed COVID-19 cases.” Theodoros V. Giannouchos, Roberto A. Sussman, José M. Mier, Konstantinos Poulas and Konstantinos Farsalinos. Eur Respir J 2020; in press" European Respiratory journal, Vol.57, Issue3, 2021

※1-2:Sarah E. Jackson, et al., "COVID-19, smoking and inequalities: a study of 53002 adults in the UK" Tobacco Control, doi.org/10.1136/tobaccocontrol-2020-055933, 21, August, 2020

※1-3:Harry Tattan-Birch, et al., "COVID-19 smoking, vaping and quitting: A representative population survey in England" ADDICTION, doi.org/10.1111/add.15251, 11, September, 2020

※1-4:Gareth J. Griffith, et al., "Collider bias undermines our understanding of COVID-19 disease risk and severity" nature COMMUNICATIONS, doi.org/10.1038/s41467-020-19478-2, 12, November, 2020

※1-5:Nicholas S. Hopkinson, et al., "Current smoking and COVID-19 risk: results from a population symptom app in over 2.4 million people" BMJ, Thorax, doi.org/10.1136/thoraxjnl-2020-216422, 2, January, 2021

※1-6:Naomi A. van Westen-Lagerweij, et al., "Are smokers protected against SARS-CoV-2 infection (COVID-19)? The origins of the myth" Primary Care Respiratory Medicine, Vol.31, Issue10, 26, February, 2021

※2:Ashley K Clift, et al., "Smoking and COVID-19 outcomes: an observational and Mendelian randomisation study using the UK Biobank cohort" Thorax, Vol.77, Issue1, September, 27, 2021

※3:Anthony A Laverty, Christopher Millett, "A respiratory pandemic should focus the mind on tobacco control" Thorax, Vol.77, Issue1, September, 27, 2021

※4-1:Erikas Simonavicius, et al., "Heat-not-burn tobacco products: a systematic literature review." Tobacco Control, doi.org/10.1136/tobaccocontrol-2018-054419, 2018

※4-2:Wang Liyun, et al., "Harmful chemicals of heat not burn product and its induced oxidative stress of macrophages at air-liquid interface: Comparison with ultra-light cigarette" Toxicology Letters, Vol.331, 200-207, 2020

※4-3:Yoko Ito, et al., "Heat-Not-Burn cigarette induces oxidative stress response in primary rat alveolar epithelial cells" PLOS ONE, doi.org/10.1371/journal.pone.0242789, 25, November, 2020

※4-4:Tariq A. Bhat, et al., "Acute Effects of Heated Tobacco Product (IQOS) Aerosol Inhalation on Lung Tissue Damage and Inflammatory Changes in the Lungs" NICOTINE & TOBACCO RESEARCH, doi.org/10.1093/ntr/ntaa267, 21, December, 2020

※4-5:Yong-Hyun Kim, et al., "Carbonyl Compounds Containing Formaldehyde Products from the Heated Mouthpiece of Tobacco Sticks for Heated Tobacco Products" molecules, Vol.25(23), 2020

※4-6:Antonios Karanasos, et al., "Impact of Smoking Status on Disease Severity and Mortality of Hospitalized Patients With COVID-19 Infection: A Systematic Review and Meta-analysis" NICOTINE & TOBACCO RESEARCH, Vol.22(9), 1657-1659, 20, June, 2020

※4-7:Roengudee Patanavanich, Stanton A. Glantz, "Smoking is associated with worse outcomes of COVID-19 particularly among younger adults: A systematic review and meta-analysis" medRxiv, doi.org/10.1101/2020.09.22.20199802, 23, September, 2020

※4-8:Romain Dusautoir, et al., "Comparison of the chemical composition of aerosols from heated tobacco products, electronic cigarettes and tobacco cigarettes and their toxic impacts on the human bronchial epithelial BEAS-2B cells" Journal of Hazardous Materials, Vol.401, 5, January, 2021

※4-9:Pablo Scharf, et al., "Immunotoxic mechanisms of cigarette smoke and heat-not-burn tobacco vapor on Jurkat T cell functions" Environmental Pollution, Vol.268, 1, January, 2021

※4-10:Lorenzo Loffredo, et al., "Impact of chronic use of heat-not-burn cigarettes on oxidative stress, endothelial dysfunction and platelet activation: the SUR-VAPES Chronic Study" Thorax, doi.org/10.1136/thoraxjnl-2020-215900, 12. April, 2021