郵便投票の消印が改ざんされた?=宣誓供述書 トランプ、内部告発者を「勇敢な愛国者」と賞賛 米大統領選

不正を内部告発した「勇敢な愛国者」を讃えたトランプ氏の大統領選は今も続いている。(写真:ロイター/アフロ)

 「不正投票」が行われたと訴え続けるトランプ氏。同氏の中では、大統領選は今も終わっていない。

 11月10日には、こんなツイートをした。

「勇敢な愛国者だ。ますます多くの人々が選挙の不正を暴露しようと名乗りをあげている」

 トランプ氏が「勇敢な愛国者」と讃えたのは、郵便局で働く、元海軍兵のリチャード・ホプキンス氏(上の動画の男性)だ。ホプキンス氏は、5日、同氏が働くペンシルベニア州エリーの郵便局で不正が行われていたと、プロジェクト・ヴェリタスというグループを通じて告発していた。

 プロジェクト・ヴェリタスはメディアの偏見報道や腐敗を明るみに出そうとしている極右活動家グループだが、彼らは誤情報拡散活動を行っている可能性があるとも指摘されている。

消印が改ざんされたと主張

 さて、そのホプキンス氏は「郵便局長のロバート・ワイゼンバッハ氏がスーパーバイザーの1人に、11月3日午後8時の締め切り以降に届いた郵便投票にも投票日の消印を押したと話すのを聞いた」と訴えている。

 ペンシルベニア州では投票日11月3日の午後8時以降の消印の郵便投票は無効としているので、もしホプキンス氏の訴えが事実なら、郵便局は違法行為をしていたことになる。

 ホプキンス氏は11月6日、プロジェクト・ヴェリタスを通じて宣誓供述書を公表したが、それには主に2つの主張がされている。

・11月5日、ホプキンス氏が郵便配達の準備をしていた時、郵便局長がスーパーバイザーに、11月4日に届いた郵便投票を、1つを除いて、11月3日の消印にしたと話していた。郵便局長は、郵便投票(11月4日に届いたものだった)の1つは11月3日の消印にする必要があったのに、間違えて11月4日の消印にしてしまったと話していた。

・ワインバッハ氏と彼のアシスタントは、私と私の同僚に、11月3日の締め切り時刻以降の消印がついている郵便投票も11月6日までピックアップし、それらを渡すよう命じた。消印を有効な日時に改ざんするためではないか。

 これに対し、ワイゼンバッハ氏は、フェイスブックで、ホプキンス氏の訴えは「100%誤りだ」と否定。

 しかし、共和党側は、宣誓供述書のホプキンス氏の訴えは信頼にたるものだと考えており、トランプ陣営は、宣誓供述書を上院司法委員会のリンジー・グラハム委員長に渡し、8日、グラハム氏は司法省とFBIに調査を始めるよう依頼した。

訴えの撤回を否定

 ところが、10日になって、ホプキンス氏が訴えを撤回したとの報道が流れた。

 ホプキンス氏は郵便局監察総監室の調査員の尋問を受けたが、その際に、ホプキンス氏が自身の訴えを撤回したと下院監視・政府改革委員会が報告、米紙ワシントン・ポストがそのことを報じたのだ。

 しかし、この報道に対し、ホプキンス氏の方は訴えを「撤回していない」とツイッター動画で反論。

「私は、今、この瞬間、ワシントン・ポストの記事を見ている。記事は、私が票の改ざん疑惑をでっち上げたとしている。私はここで言いたい。私は訴えを撤回しなかった。ワシントン・ポストは記事を撤回してほしい」

 ホプキンス氏が訴えを撤回していないのなら、いったい何が起きたのか?

 プロジェクト・ヴェリタスによると、3時間以上に及んだ尋問の中で、調査員がホプキンス氏に訴えを撤回する供述書に署名するよう強要したという。また、同氏は、尋問される際に、弁護士を同席させることが許されず、署名した供述書のコピーも渡されなかったという。11日には、調査員がホプキンス氏に尋問する音声も公表された。

 実名で内部告発したホプキンス氏はトランプ支持者から「アメリカのヒーロー」と讃えられており、ホプキンス氏の名前で作られたクラウド・ファンディング「ゴー・ファンド・ミー」のページには10日夜時点までに13万6,000ドル以上の寄付が集まった。しかし、撤回報道が出ると、「ゴー・ファンド・ミー」側によりページは削除された。

 プロジェクト・ヴェリタスは、ペンシルベニア州での不正選挙に関する一次情報に対して2万5千ドルの報奨金をオファーしており、ホプキンス氏のような告発者探しに躍起になっている。トランプ氏が言うところの「勇敢な愛国者」が今後も内部告発に乗り出すのか。

 しかし、投票日以降に届いた郵便投票をすべて無効としたところで、バイデン氏との票差を覆すことはできないという指摘もある。

 ペンシルベニア州では、投票締め切りの11月3日午後8時から6日の夕方まで、約1万の郵便投票が届いたが、それを全部無効化したところで、4万7,000票以上もあいたバイデン氏との票差を縮めることができないからだ。

 選挙の不正を告発する「勇敢な愛国者」を頼みの綱にしているトランプ氏。勝利奪還のための闘いはこれからも続く。

(大統領選関連の記事)

トランプ陣営、「不正投票」をするよう働きかけか! 米紙報道 米大統領選

「そこには愛があるから」 バイデン氏勝利! 米大統領選の勝敗を分けたものは何だったのか?

マーカーペンを巡る陰謀論「シャーピーゲート」が浮上 「票が数えられなかった」と訴訟に発展 米大統領選

トランプ氏が不当な勝利宣言 「トランプに投票」は1人もいなかった ドジャース球場の投票所ルポ

意外にも「たくさんの黒人がトランプ氏に投票する」その理由とは? 米大統領選

「バイデンに投票」はたった2人だけだった! “トランプランド”の投票所で直撃取材 米大統領選 

日本にも「隠れトランプ」がたくさんいると思うワケ 実はあなたも? 米大統領選

ジョージって誰のこと? 200万回近く再生された“バイデン認知症疑惑“動画の真相 米大統領選

“中国事業に関与”証言も出たバイデン氏は“人格”で勝てるのか “経済”ではトランプ氏圧勝 最終討論会

「トランプ氏は終わらない」元側近バノン氏が暗躍 “バイデン氏メール・スキャンダル”の信憑性

トランプ氏がついた「致命的に危険な嘘」 共和・民主両党失墜のリスクも 対話集会

トランプ氏、バイデン氏を老人ホームの入居者に仕立てたパロディー画像で侮辱 バイデン氏の勝率91%

傲慢?それとも母親みたい? 注目を集めたのはカマラ・ハリス氏の表情だった 米副大統領候補討論会

トランプ氏、「完全に危機から脱したわけではない」のに退院 感染の口止めもしていた!

「トランプ氏はプロの嘘つき。感染は同情を得るためのフェイク」マイケル・ムーア監督が“陰謀論”で警告

“米大統領選のノストラダムス”の大予言 大統領選の勝者は? ロシア、中国、イランが選挙介入か