「新幹線を北梅田駅に」は夢物語か?

大阪までの建設準備が進む北陸新幹線。大阪側のターミナルはどうなるのか

先日、JR北梅田駅となにわ筋線について、とある講演会でお話しした内容を公開させていただいた。

(参考)「大阪市内を貫く『なにわ筋線』にみえる各社の思惑」

鉄道ファンならずとも、新しい路線の建設に対して「あそこに駅ができたらいいな」「こんな直通列車ができたらいいな」と考えるのは楽しいものだ。やれ乗客減少を迎えてどうするだの、やれ鉄道ファンのマナーが悪化しただの、とかく暗い話題も多い鉄道分野。せっかく関西の鉄道が大きく変化するという時くらい、夢のある話がしたいものである。

そこで夢物語つながりとして、私が先の講演会でお話ししたもう一つの提案をここに書いてみたい。それは、新幹線の駅を北梅田に持ってきてはどうかというものだ。

大阪駅の北側に広がるうめきた地区。地下では北梅田駅が建設中だ
大阪駅の北側に広がるうめきた地区。地下では北梅田駅が建設中だ

現在、金沢~福井~敦賀間の建設が進んでいる北陸新幹線は、全国新幹線鉄道整備法という法律によって大阪までの建設が決定している。そのルートについては、敦賀~京都間は小浜・京都ルートを、京都~大阪間は松井山手付近を経由して新大阪駅の地下に至る南回りルートを、与党プロジェクトチームが選定した。

ただし、このルートは法律で確定したものではなく、大阪側のターミナルが新大阪駅というのもあくまでも“計画”である。つまり、新大阪駅以外の場所をターミナルとすることも可能なのだ。

北梅田駅の工事の様子。なにわ筋線もここへ乗り入れる予定だ
北梅田駅の工事の様子。なにわ筋線もここへ乗り入れる予定だ

そこで、ターミナルを新大阪駅ではなく北梅田駅にしてみてはどうか、さらには山陽新幹線も北梅田駅へ引き込んでみてはどうか、というのが私の案である。北陸新幹線は、現状では新大阪駅に東側から地下線で進入する計画のため、これを少し南へずらして北梅田駅に引きこむ。山陽新幹線は神崎川を渡った東側、ちょうど在来線と近接する付近で現在の線路から分岐させる。東京方面へ直通する「のぞみ」「ひかり」は新大阪駅へ向かい、現在新大阪駅から発着している「みずほ」「さくら」は北梅田駅発着に変更。北梅田駅では、北陸新幹線と山陽新幹線が同一ホームで乗り換えられるようにする。

こうすることで、キタからダイレクトに山陽・九州・北陸方面へ向かうことができるし、現段階で既に手狭となり列車の折り返しなどに不便が生じている新大阪駅(しかも、新幹線の駅はJR東海が管轄しているため、JR西日本はさまざまな制約を受けている)も問題が解消されるだろう。新大阪では北陸新幹線と東海道新幹線の乗り換えができなくなるが、そもそも新大阪で東海道新幹線(=名古屋・東京方面)へ乗り換える乗客は少ない…同一ホームどころか地下~高架の移動が生じるため、大半は京都で乗り換えるだろう…だろうから、問題は少ない。

新大阪駅でなく、北梅田駅でこの車体を見る日は来るのだろうか
新大阪駅でなく、北梅田駅でこの車体を見る日は来るのだろうか

さらに、将来的に技術革新が進めば、現在は難しいとされている北陸新幹線と山陽新幹線の乗り入れも可能になるだろう。何と言っても、北陸新幹線が大阪まで来るのは今から30年先のことである。信号・保安設備や電気的な問題なども、「解決のめどが立たない」というわけではない。現在の北陸新幹線で普通に行なわれている、交流50Hzと交流60Hzの自動切り替えなども、かつては不可能だと思われていたのだ。

そして何よりも、北陸地方にとって新幹線が大阪・キタエリアに直通し、中国~九州地方と結ばれることは、大きなメリットである。

もちろん、さまざまな異論や問題があることも承知の上だ。そもそも、北陸新幹線が大阪まで到達した頃にはリニア新幹線も大阪まで開業している予定である。そのころ新大阪駅付近や北梅田駅周辺がどんな発展を遂げ、あるいは勢いを失っているか、単純には予測できない。はたまた、リニア新幹線の開業でダイヤに余裕のできた東海道新幹線に、米原から乗り入れた方が得策だった・・・ということになるのかもしれない。

それでもなお、京阪神の鉄道の要となるキタへ新幹線が乗り入れることは、大阪、ひいては日本の経済にとってプラスとなる気がしている。

以上が私の、北梅田駅に対する提案である。30年後に実現しているかどうか、今後行なわれる議論も含めて、引き続き注視していきたい。