旧・都城市民会館をARで再訪! “まちの断捨離”を加速する建築物のバーチャル保存

旧・都城市民会館の超リアルなARデータ。手元に保存していつでも再訪できる

メタボリズム建築の代表作として、建築家・菊竹清訓氏の設計により1966年に完成した旧都城市民会館は、名建築と惜しまれながら今年(2019年)の夏から解体工事が始まっています。

その姿、形だけでもデジタル化して残そうというクラウドファンディングプロジェクト「メタボリズムの名建築『旧都城市民会館』を3 次元スキャンで記録に残したい。」には、当初の目標50万円を大幅に超えて2019年8月6日の朝現在で、217人の支援者から135万円を超える寄付が集まっています。(詳しくは、小生のブログ2019年6月3日付けの記事を参照

当初の目標を大幅に超える寄付が集まったクラウドファンディングプロジェクト(資料:CAMPFIREサイトより)
当初の目標を大幅に超える寄付が集まったクラウドファンディングプロジェクト(資料:CAMPFIREサイトより)

このプロジェクトに寄付した人に、寄付金額にかかわらず、うれしいおまけが配られているのが話題になっています。それは、旧・都城市民会館を超リアルに再現したAR(拡張現実)データなのです。

実物の建物は取り壊されても、ARデータなら手元に保存しておいて、いつでも“再訪”し、懐かしんだり、細部を確認したりと、様々な使い方が手軽にできます。

寄付金額に関係なく配布されているAR版「都城市民会館」のイメージ(特記以外の資料:藤原龍氏)
寄付金額に関係なく配布されているAR版「都城市民会館」のイメージ(特記以外の資料:藤原龍氏)
駐車場に置いてみた旧・都城市民会館
駐車場に置いてみた旧・都城市民会館
ペットのように手のひらに載せてみることもできる
ペットのように手のひらに載せてみることもできる
小動物たちの「ハウス」として見たイメージ
小動物たちの「ハウス」として見たイメージ

このARデータを作成したのは、ARデバイス「HoloLens」関連のシステム開発を手がけるホロラボ所属の藤原龍さん(@lileaLab)です。

ドローンを使って上空から撮影した写真1900枚を使って、i-ConstructionのICT土工でも使われている「フォトグラメトリー」という技術により点群データ化し、それをWebAR化しました。

ドローンによる空撮は福岡大学工学部社会デザイン工学科の大隣昭作さん(m.facebook.com/ohtonari)が行い、フォトグラメトリー処理とWebAR化は藤原さんが担当しました。

FacebookやTwitterでは、このARデータをもらった人たちが、肩の上などいろいろな場所にAR版「旧・都城市民会館」を置いて楽しんでいる画像がアップされています。

しかし、拡大して見ると、特徴的な鉄骨構造がリアルに再現されており、大変な迫力です。建築の専門家が、後で細部を確認するといった学術的、専門的な用途にも十分、使えそうです。

屋根部分を拡大したところ
屋根部分を拡大したところ
鉄骨の1本1本が超リアルに再現されている
鉄骨の1本1本が超リアルに再現されている
実物では決して見られないアングルも
実物では決して見られないアングルも

しかし、これはまだまだ序の口です。今日(2019年8月8日)現在、配布されているデータは「β(ベータ)版」であり、今後は地上撮影した1800枚の写真からフォトグラメトリーで作成した3Dモデルと合体し、さらに点群データとの合成による精度アップやホール内部の3Dモデルも合体させた「正式版」のリリースも目指しているとのことです。

地上撮影した写真から作成された3Dモデル。精細さが一段と違います
地上撮影した写真から作成された3Dモデル。精細さが一段と違います
地面が水浸しなのは、大雨による避難警報が鳴る土砂降りの中で撮影したため
地面が水浸しなのは、大雨による避難警報が鳴る土砂降りの中で撮影したため
こけむした橋もこの通りのクオリティー
こけむした橋もこの通りのクオリティー

旧・都城市民会館を愛する皆さんの気持ちとしては、できればぜひ、本物の建物を残したかったでしょう。しかし、巨額の保存経費などやむを得ない事情のため、解体を余儀なくされてしまいました。

今回の旧・都城市民会館のバーチャル保存に取り組まれた方々とは関係ない、私個人の考えですが、ARによる有名建築物の保存と解体は、個人の“断捨離”と共通している面があるように思いました。

思い出の品物や子どもが描いた絵などは、ついつい「取っておこう」ということで家にため込んでしまいがちですが、多くのモノに埋もれて生活していると、新しいものを置くスペースもなくなり、知らず知らずのうちに前向きな気持ちも失われてしまいます。

かといって、子どもの絵や工作など、思い出の品を捨てるのはとてもエネルギーが必要で、疲れる作業です。

そこで、よく使われるのがこれらを写真に撮ってから、捨てるという方法です。写真があれば、いつでも当時のことを思い出せるし、家の中のスペースが空くと、新しい活気がみなぎってきます。

貴重な古い建物も、まちの中に残された思い出の品のようなものではないでしょうか。もはや機能的には現在のニーズに合わず、価値を生み出しにくくなったけど、解体するのは惜しい---。

そんなときに、建物の内外をARやVR(バーチャルリアリティー)、精密な点群データなどで残して実物は解体し、新しい時代に合った建物を建てることで、思い出の建物にいつでも再訪でき、まちは新しい活気を取り戻すことができます。

デジタル技術の進化は、建物の思い出をリアルに残しながら、実際のまちを時代に合わせて新しくする"まちの断捨離"を加速していく側面もありそうです。

クラウドファンディングは残すところ7日間だけ(2019年8月8日現在)です。この迫力あるAR版「旧・都城市民会館」をゲットしたい方は、お急ぎください。

【お断り】

"まちの断捨離"とバーチャル保存の関係についての記述は、筆者個人の見解であるため記述を修正しました(2019年8月8日、11時25分)