有名建築家っぽい建物をAIで自動デザイン! 立命館大の学生が卒業研究で取組中

サボォア邸とロンシャンの礼拝堂を学習したAIがそれっぽいデザインを自動作成

建築界にいくらコンピューターが普及しても、建物の意匠デザインをコンピューターに任せるなんてありえないと思う建築士の方は多いでしょう。

ところが、立命館大学理工学部建築都市デザイン学科の建築情報研究室(主催:山田悟史講師)の4回生、大野耕太郎さんはこんな常識を覆すAI(人工知能)システムを卒業論文のテーマとして開発しています。

あのフランスの巨匠、ル・コルビュジェ風のデザインを自動的にどんどん作成するもので、その名も「コルビジェネレーター」というのです。(研究の詳細はこちら

これが実用化されると、上司から「あ、今度の建物ね、施主がお気に入りのサボォア邸とロンシャンの礼拝堂をミックスしたテイストでデザインを作っておいて」といった“無理難題”が来ても、条件に合った建物デザインをスイスイと量産できるのです。

コルビジェネレーターによって、「サボォア邸」と「ロンシャンの礼拝堂」のテイストをミックスして自動作成した建物デザインの例(以下の資料:立命館大学理工学部建築都市デザイン学科の建築情報研究室)
コルビジェネレーターによって、「サボォア邸」と「ロンシャンの礼拝堂」のテイストをミックスして自動作成した建物デザインの例(以下の資料:立命館大学理工学部建築都市デザイン学科の建築情報研究室)

なるほど、上の作例を見ると、サボォア邸の特徴であるピロティや水平連続窓、ロンシャンの礼拝堂の屋根スタイルを踏襲したデザインになっていますね。

このデザインの生成に使われた技術は、「対立的生成ネットワーク」(GAN)というものです。デザインを自動的に生み出すシステム(生成器)と、そのデザインにダメ出ししていいものだけを選ぶシステム(判定器)からなります。

それぞれのシステムをディープラーニング(機械学習)によって鍛えることで、コルビュジェらしいデザインを生み出せるようになるのです。

今回のシステム開発では、320×320ピクセルのサボォア邸とロンシャンの礼拝堂の画像を大量に用意して、システムを鍛えたそうです。

生成器や判定器を鍛えるのに使ったサボォア邸の画像の一部
生成器や判定器を鍛えるのに使ったサボォア邸の画像の一部
生成器や判定器を鍛えるのに使ったロンシャンの礼拝堂の画像の一部
生成器や判定器を鍛えるのに使ったロンシャンの礼拝堂の画像の一部

最初にサボォア邸、ロンシャンの礼拝堂それぞれに「似て非なるデザイン」を自動生成できるようにします。

その次の段階で「デザインの演算」によって、両建物のデザイン要素をベクトルで合成することにより、冒頭のデザインが生まれました。

今回は、「コルビジェネレーター」というネーミングにちなんでコルビュジェの作品を学習させましたが、同様に他の建築家のテイストも学習させることができます。

例えば、ミース・ファン・デル・ローエやザハ・ハディド、黒川紀章など、今は亡き有名建築家の作品を元に、新しいデザインを生み出すこともできそうですね。