宇宙ビジネスコンテストで賞金400万円!流体力学を専攻したANA女性社員が提案する“エコフライト”

宇宙ビジネスコンテストで大賞を受賞したANA勤務の松本紋子さん(右から2人目)

10月30日、東京・六本木で宇宙ビジネスのアイデアを競うコンテスト「S-Booster 2017」の最終選考会が行われました。ゲストに女優の剛力彩芽さんや宇宙飛行士の若田光一さん、特別審査員に女性宇宙飛行士の山崎直子さんを迎えるなど、豪華メンバーが顔をそろえました。

予選を勝ち残った15組のうち、大賞に輝いたのは、全日本空輸(以下、ANA)に勤める松本紋子さんの「超低高度衛星搭載ドップラーライダーによる飛行経路・高度最適化システムの構築」でした。

飛行機の飛行計画を作るとき、なるべく逆風を避け、追い風を最大限に利用できるルートや高度を選ぶと、燃費は大幅に節約できます。このデータは主要空港の上空では高度別の細かいデータが観測されているものの、太平洋や大西洋といった海の上では正確なデータを取れていません。

高度別の風情報が提供されている地点。例えばアメリカ本土上空は細かいデータがあるが、太平洋上はハワイやグアム周辺しかデータが提供されていない(image:AWC)
高度別の風情報が提供されている地点。例えばアメリカ本土上空は細かいデータがあるが、太平洋上はハワイやグアム周辺しかデータが提供されていない(image:AWC)
高度別の風情報の例。高度3000フィートから3万9000フィートまで風向、風速、気温のデータがきめ細かくわかる(image:AWC)
高度別の風情報の例。高度3000フィートから3万9000フィートまで風向、風速、気温のデータがきめ細かくわかる(image:AWC)

そこで、松本さんは風の状況を3次元で観測できるドップラーライダーを、地球から265kmまたは350kmの高度を飛ぶ衛星に搭載し、空から風向や風速を観測し、飛行機の“省エネフライト”に役立てようというビジネスプランを考え、発表しました。

ドップラーライダーは、1機で風向や風速を計測できますが、地球全体をカバーし、計測精度を高めるためには2機が望ましいとのことです。

発表するANA勤務の紋子さん
発表するANA勤務の紋子さん
衛星に搭載したドップラーライダーで上空の風を3次元計測しようというアイデア
衛星に搭載したドップラーライダーで上空の風を3次元計測しようというアイデア

この発表は実現可能性が高く、もたらす効果も大きいと高く評価され、大賞とスポンサーからのスカパーJSAT賞をダブル受賞しました。両賞の賞金、計400万円をゲットするという快挙でした。

松本さんはお茶の水女子大理学部物理学科や、同大学院修士課程で流体力学を専攻し、プログラミングで流体の可視化研究を行いました。

ANAに入社後は、運航管理業務などに携わり、パイロットに飛行計画を説明したり、飛行機操縦関係のマニュアルを作成したりしています。

このプロジェクトが実現したら、得意の流体解析の力を生かして、太平洋や大西洋上の“3D風予報”へと、さらに進化させてくれるのではと、期待が高まります。(写真:筆者撮影)

この日、発表したファイナリスト全員と審査員、ゲストの集合写真
この日、発表したファイナリスト全員と審査員、ゲストの集合写真