何時間も飛べる“タコ型ドローン”が登場! 電源は自動運転車から400Vで供給

自動運転車からの電源ケーブルで給電を受けながら自律飛行するドローン

社会インフラの管理やイベントの警備などで、ドローン(無人機)の活用がきたいされています。しかし、その弱点は、バッテリー容量の制約で長時間の連続飛行ができないことです。

そこで、この問題を解決するため、ドローン事業を手がけるエアロセンス(本社:東京都文京区)と、親会社で自動運転車を開発するZMP(本社:東京都文京区)は、ナント、ドローンに電源ケーブルをつなぎ、有線給電する方法を開発しました。

地上からドローンに電源を供給するのは、発電機を搭載した自動運転車です。(以下の写真、資料:エアロセンス、ZMP)

発電機を搭載した自動運転車から電源ケーブルでドローンに給電するイメージ
発電機を搭載した自動運転車から電源ケーブルでドローンに給電するイメージ
電源ケーブルで給電を受けながら自律飛行するドローン
電源ケーブルで給電を受けながら自律飛行するドローン
ドローンから見た地上の風景。画面下にタコのひものような電源ケーブルが見える
ドローンから見た地上の風景。画面下にタコのひものような電源ケーブルが見える

このシステムでは、エアロセンス製のドローンに、ZMP製の自動運転車「RoboCar MV2」や、台車のような形をした物流支援ロボット「CarriRo」を連携させています。

これなら発電機の燃料がなくならない限り、長時間飛行できますね。

そして、空からはドローン、地上からは自動運転者と、それぞれ違う視点で現場を監視し、必要に応じて空と地上を自由に移動できる点もメリットです。

で、気になるのは長いケーブルによって電力がロスしないかどうかですが、地上で400Vに昇圧して送電し、ドローンではコンバーターで電圧を落として使う方法を採用しています。

地上とドローンの間は400Vに昇圧して送電している
地上とドローンの間は400Vに昇圧して送電している

電圧を高くすると、電流が少なくなるので電力のロスも減りそうですね。また、ドローンがケーブルにつながっていると安定して飛行できるほか、強風で行方不明になる危険性も少なくなりそうです。

また、災害時にドローンに携帯電話の中継装置やアンテナを積んで、臨時の基地局のように使うこともできそうですね。

両社は今後、インフラ管理や警備のリーディングカンパニーと協業し、重要インフラ施設やイベント会場周辺の効率的な巡視を実現していく方針とのことです。