工事現場を360°生中継! リコーの全天球ライブカメラに建設技術者の期待高まる

全天球動画を生中継できる「RICOH R Development Kit」

リコーと言えば、周囲の風景を上下左右、360°をぐるりと撮影できる超小型の全天球カメラ「THETA」シリーズの開発・販売で知られています。

このカメラは、レジャー用と思われていますが、実は工事現場の関係者にも絶大なる人気を誇っています。

例えば、工事中のマンションの部屋を撮影して仕上状況を確認したり、ドローン(無人機)に積んで空から土木工事現場を記録したり、ダウンライトの穴から差し込んで天井裏の配管などを撮影したりと、いろいろな用途に使われています。

しかし、撮影した写真や動画は一度、メモリーに保存して後から見るという使い方しかありませんでした。

そこでリコーがこのほど、開発した「RICOH R Development Kit」という新製品に期待が集まっています。

というのも、この新製品は、360°全天球の動画を24時間ストリーミングで生中継できるからです。

THETAにそっくりな「RICOH R Development Kit」
THETAにそっくりな「RICOH R Development Kit」

このカメラは全天球を2Kの解像度で毎秒30フレームの動画によってライブストリーミングできます。

全天球映像はカメラ内で自動的に行われ、映像はHDMIまたはUSB端子によって出力できます。ACアダプターから電源を供給することで、24時間の連続稼働が可能になりました。

建設業での使い方としては、現場の真ん中にこのカメラを設置して、現場事務所などに生中継します。

この映像をパソコンやタブレットで見ると、ぐるりと周囲の作業状況を見渡すことができるので、監視カメラの台数を大幅に減らせそうです。

そして、バーチャルリアリティー(VR)用のヘッドマウントディスプレーを頭につけて、顔を上下左右に動かすと、まるで現場の真ん中にいるような感じで周囲や上下を見回すことができます。

このカメラを現場の要所要所に設置しておくと、現場監督の仕事はVR化され、現場のあちこちに“ワープ”しながら、目を光らせることができそうです。

様々な用途が予想されるため、リコーではこの製品を用途開発向けの開発キットとして、2017年春に発売する予定です。

この記事を筆者のブログで取り上げたところ、建設関係者から非常に多くのアクセスがありました。

VRと建設業の相性は、意外にいいのかもしれませんね。同様に「現場」のあるいろいろな業種でも、このカメラは生産性向上に威力を発揮しそうです。