タワークレーン運転士にドローンが迫る!橋の工事現場を紹介したビデオが絶賛公開中

ドローンによって空中からとらえたタワークレーン運転士の姿

建設業は今、間違いなくドローン(無人機)のヘビーユーザーの業種と言っても過言ではありません。

その用途は、工事の進み具合を定期的に空撮して記録に残したり、空撮写真から作った盛り土や切り土の3Dモデルで土量計算を行ったりすることが中心です。

和歌山県内で建設中の、京奈和自動車道紀北西道路の雄ノ山高架橋の現場では、工事の紹介ビデオの作成にもドローンを使っています。(以下の写真:鹿島、大林組、川田建設・佐藤工業異工種JV)

ドローンから空撮した京奈和自動車道、雄ノ山高架橋の現場
ドローンから空撮した京奈和自動車道、雄ノ山高架橋の現場
現場には数々のタワークレーンがそびえ立つ
現場には数々のタワークレーンがそびえ立つ

驚くべきはドローンの圧倒的取材力です。地上数十メートルのタワークレーンに迫り、空中から運転士を撮影するという驚異のカメラワークも見せているのです。

ドローンによって空中からとらえたタワークレーン運転士の姿
ドローンによって空中からとらえたタワークレーン運転士の姿

現場の紹介ビデオで、こんな迫力ある絵はこれまで見たことがありません。空中を移動しながら画面をパンしているにもかかわらず、画面にはほとんどブレがありません。建設業で活躍するドローンパイロットの本気度を見せつけられた感じです。

雄ノ山高架橋は、最大高さ94mの橋脚19本からなる巨大な曲線橋です。そのため、現場の全景を収めた写真や動画を撮るのは至難の業ですが、ドローンを使うと楽に撮影できますね。

別の角度から見た雄ノ山高架橋の現場
別の角度から見た雄ノ山高架橋の現場
桜の花から奥の現場をのぞくように撮影した印象的なシーンも
桜の花から奥の現場をのぞくように撮影した印象的なシーンも

現在、YouTubeで公開されている動画は「魅せる現場編」と「クレーン編」です。

興味深いのはそれぞれのクレーン運転士に運転席でインタビューし、仕事の難しさや面白さについて聞き出していることです。

タワークレーンの運転席から見た風景
タワークレーンの運転席から見た風景

例えば川田・佐藤JV工区のタワークレーン運転士、高橋忍さんの運転席は、まるで空中のオフィスそのものです。壁には作業員の名前を書いた紙が張ってあり、作業時に個人名で呼びかけています。

そして今でもクレーンのアーム先端まで、苦もなく上っていけるそうです。想像しただけでも足がすくみますね。

高橋忍さんの運転席には地上で働く作業員の名前が張ってある
高橋忍さんの運転席には地上で働く作業員の名前が張ってある

また、多数のタワークレーンが同時に作業するこの現場では、クレーンのアームが別のクレーンに接近するとアラームで警告し、衝突を未然に防ぐシステムが備えられています。

タワークレーンのアームが接近するとアラームで警告する
タワークレーンのアームが接近するとアラームで警告する

次回の動画は7月下旬に公開されるとのこと。楽しみですね。