iPadが1200円でサブモニターに変身! 神アプリ「TwomonUSB」で出張が変わった

iPadをノートPCのサブモニターとして使用中の図。モニターをまたいだ移動も簡単

昨日(5/11)から米国に出張に来ています。オフィスでは2台の液晶モニターを使って作業できるのに対し、これまで出張時はノートPC1台だけブログやメルマガを書いていたので、とても非効率でした。

ところが今回の出張は、かなり生産性が上がっています。

というのも、ナント、iPadをWindows版ノートパソコンのサブモニターとして使い、オフィス同様に2画面で作業しているからなのです。

例えば、ノートPCで見ていたWEBブラウザー画面をiPad側にマウスでドラッグすると、ノートPCとiPadをまたいで移動します。

ノートPCで開いていたWEBブラウザー画面をiPad側にドラッグする
ノートPCで開いていたWEBブラウザー画面をiPad側にドラッグする
WEBブラウザー画面はノートPCとiPadをまたいで移動
WEBブラウザー画面はノートPCとiPadをまたいで移動

また、iPadとノートPCをまたいだドラッグ・アンド・ドロップもスムーズです。iPad側の画面は、2本指で拡大・縮小が行えます。

iPad側のファイルをドラッグ
iPad側のファイルをドラッグ
ノートPC側の画面にドロップ
ノートPC側の画面にドロップ

iPadをノートPCのサブモニターに大変身させてくれた“神アプリ”は、「TwomonUSB」というものです。

使い方はとても簡単。まず、「TwomonUSB」をiPadにインストールし、ノートPC側にも「Twomon Windows Server」(Windows版の場合)をインストールし、起動させておきます。

そして、ノートPCとiPadをiPad付属のUSBケーブルでつなぐと、見事にiPadがノートPCのサブモニターとして使えるようになるのです。

ちなみに「TwomonUSB」の価格は1200円(税込み)です。「Twomon Windows Server」は無料でインストールできるようになっています。

便利なのは、ノートPCに対してiPadを置く位置を上下左右に自由に設定できるほか、高さ方向の位置も連続的にずらして調整できることです。

また、iPad側の画面解像度は1024×768~1920×1080ピクセルまで多段階で調整できます。

iPadを左側に置いた状態。モニター解像度は細かく調整できる
iPadを左側に置いた状態。モニター解像度は細かく調整できる

TwomonにはUSBケーブルの代わりに無線LANを使ってノートPCと接続するタイプのアプリもありますが、動作がイマイチ遅いという意見が多いようです。

その点、USBケーブルを使うタイプのアプリは動きもスムーズでした。

パソコン店などでは、ノートPC用の専用サブモニターも2万~3万円程度で市販されていますが、iPadをお持ちの方はまず、このアプリを試してみてはいかがでしょうか。