大林組がリアルな「シムシティ」づくりを計画中

大林組の技術研究所に設ける「スマートエネルギーシステム」(資料:大林組)

「シムシティ」では、3Dで都市を作る人気のシミュレーションゲームです。その過程では、太陽光発電所や石油発電所などを建設し、都市が必要とする電力を供給していくかが重要な戦略となります。

これとそっくりなシステムを実際に作ろうとしているのが、大手建設会社の大林組です。同社の技術研究所(東京都清瀬市)の建物を3Dでモデルで表現し、電力の需要と供給を計画的に制御しようというのです。

技術研究所全体を一つの都市のように見立てて「見える化」する「スマートエネルギーシステム」というものです。

研究所が消費する電力にほぼ匹敵する約9000kWの太陽光発電システムと、容量3000kWhの大規模蓄電池、そしてガスで効率的に自家発電する約350kWのマイクロコンバインド発電システムも備え、商用電力と系統連系して、研究所全体の電力消費を管理します。

建物の3Dモデルとエネルギーを見える化するのが「シムシティ」的です(資料:大林組)
建物の3Dモデルとエネルギーを見える化するのが「シムシティ」的です(資料:大林組)

電力需要の予測には「ビッグデータ」を活用します。まず2日前から電力需要を予測し、前日には太陽光発電量や電力会社から買う電力を見積もり、受給計画を立てます。そして当日は太陽光発電パネルや蓄電池、商用電力などを最適に制御します。

このシステムは、2014年11月末に完成する予定です。大林組は今回の実証によって、市街地再開発や複数の建物からなる大規模施設などで想定される省エネや省CO2、BCP(事業継続計画)などのニーズを解決する技術を蓄積する計画です。

まちづくりの計画と現状把握に、リアルな「シムシティ」が使われる日も、そう遠くはなさそうですね。