グーグルがついに建設分野に参入!コスト、工期を半減する革命的な技術を開発中とイスラエル紙が報道

グーグルによる革命的な建設技術の開発を報じたGLOBES紙のウェブサイト

イスラエルの経済紙「GLOBES」は10月16日付けの記事で、グーグルが革命的な建設技術を開発中と報じた。

「ジェニー(Genie)」という開発コードで呼ばれるこの技術は、建築設計者や技術者を支援するオンラインベースのシステムで、建物の計画や高度な解析、シミュレーションツールなどを備えており、特に環境に配慮したサステナブルな高層ビルや大型のビルの建設に有効という。

設計・施工プロセスを無限の設計の選択肢によって標準化するとともに、都市環境下でビルのユニークさをもった設計ができるとのこと。

Google Xの試算によるとこの手法を導入することで一般的な建設手法に比べてコストを30~50%削減でき、計画段階を含めた工期を30~60%短縮できる、と同紙の記事は伝えている。

Google Xのチームがプロトタイプを建設し、米国の大手建設会社や大規模ビルのデベロッパー、最先端の建設技術者、そしてトップクラスの建築家と面会し、説明した結果、彼らは「熱狂的な反応を示した」ということだ。

こののプラットフォームの運営によって、グーグル社には1年間に1200億ドル(約12兆円)もの収入が見込めるという。

プロトタイプの開発段階が終わったジェニーはGoogle Xから独立し、今後は米国・デラウエアに設立された「バネバー・テクノロジー(Vannevar Technology Inc.)」という会社で、さらに開発を続けるとのこと。

試しに、バネバー・テクノロジー社のウェブサイトにアクセスしてみたが、トップページに「よりサステナブルな未来のために、ビルのデザインを再構想中」と書かれているだった。

それに続けて「なぜなら、ビルは40%以上のCO2を排出していることに責任を負っているから」とも書かれていた。

バネバー・テクノロジー社のウェブサイト
バネバー・テクノロジー社のウェブサイト

同紙の記事によると、バネバー・テクノロジー社はGoogle Xでジェニープロジェクトを率いたアストロ(エリック)テラー(Astro (Eric) Teller)、ジェニーのコンピューターチームを率いたニコラス・チム(Nicholas Chim)、ジェニーのソフトウエア技術者のジェニファー・カーライル(Jennifer Carlile)の3人によって設立され、1440万ドル(約14億円)の株式を所有しているとのこと。

グーグルはこれまで、自動車の自動運転技術などの開発で注目を集めてきたが、ついに建設市場をターゲットにイノベーションを起こそうとしている。

経験がものを言う建設業の分野で、グーグルが成功できるのといぶかる建設関係者も多そうだ。その一方、CO2や産業廃棄物の排出で地球環境に大きな影響を与えている建設業という古い産業を、革命的な技術で変えていこうというグーグルの挑戦に期待したい。