世界のごみ焼却ランキング 3位はデンマーク、2位はノルウェー、日本は?

(写真:GYRO_PHOTOGRAPHY/イメージマート)

2021年4月20日の各地の最高気温は、東京24度、名古屋25度、大阪23度、那覇24度と、4月にしては軒並み高い。気温が上がってくると、においが気になってくるのが生ごみだ。生ごみの重量のうち、約80%を占めるのが水分。食べものを捨てることは、水分が多く燃えにくいごみを増やしてしまうことでもある。

世界のごみ焼却率、ナンバーワンは?

ここで世界のごみ焼却率を見てみたい。

OECDの2013年もしくは最新のデータで見ると、次のようになっている。下のグラフのうち、濃い黄色の部分(熱回収を伴う焼却)と、薄い赤の部分(熱回収を伴わない焼却)を合計したものが焼却率となっている。

OECD, Municipal waste disposal and recovery shares, 2013 or latest
OECD, Municipal waste disposal and recovery shares, 2013 or latest

見えづらいので、数字で示すと、次のようになる。

1、日本 77%

2、ノルウェー 57%

3、デンマーク 54%

4、スウェーデン 50%

5、オランダ・スイス 49%

OECDのデータの中から、主な国をピックアップしてグラフに示すと、下のようになる。2位のノルウェーはスペースの関係で外したが、いずれにせよ日本が突出している。

世界のごみ 国別焼却率。2位のノルウェーは除いてあるが、日本がダントツに高いことがよくわかる(OECDのデータを基にYahoo!NEWS制作)
世界のごみ 国別焼却率。2位のノルウェーは除いてあるが、日本がダントツに高いことがよくわかる(OECDのデータを基にYahoo!NEWS制作)

OECDのデータによれば、日本は、ごみを焼却する割合が世界で最も多いということになる。

2021年3月30日に、環境省が発表した令和元年度のデータによると、ごみの処分方法のうち、最も多いのが焼却で79.4%、リサイクルが19.6%、埋め立てが1%となっている。

日本のごみ処理方法の割合(2021年3月30日に環境省が発表した令和元年度のデータを基にYahoo!News制作)
日本のごみ処理方法の割合(2021年3月30日に環境省が発表した令和元年度のデータを基にYahoo!News制作)

世界の中でも日本のリサイクル率は低い

前述のOECDのデータでは、リサイクルとコンポスト(堆肥)にしている割合もデータで示してある。前述と同じグラフのうち、薄い黄色で示してあるところである。OECDのデータから主な国をピックアップしてグラフにすると、下のようになる。

世界のごみ リサイクル+コンポスト率。OECD(2013年もしくは最新)のデータを基にYahoo!News制作
世界のごみ リサイクル+コンポスト率。OECD(2013年もしくは最新)のデータを基にYahoo!News制作

OECDのデータで見ても、日本はリサイクル率が低い。あんなに分別しているのに・・・?

『ゼロ・ウェイスト・ホーム』や『プラスチック・フリー生活』、『ギフトエコノミー』などを翻訳している、高知在住の翻訳者、服部雄一郎さんは、日本が細かく分別回収しているにもかかわらず、リサイクル率が低い理由として

その答えのひとつは生ごみです。(中略)

ごみの30%から50%を占める生ごみが資源化すれば、日本のリサイクル率は大幅アップします。

と、ブログで書いている。服部さんの記事は、とても詳しくわかりやすいので、ぜひ一読をお勧めしたい。

「分ければ資源 捨てればごみ」

世界でも、ごみの焼却率が最も高く、リサイクル率が低い日本。それを改善するには、食品ロスを減らすことに加えて、生ごみを「ごみ」にせず、資源化することなのだ。

消費者にできることの一つとしては、食べ物を買い過ぎないことに加えて、生ごみの水を切って捨てたり、生ごみをコンポストにしたり、家庭用の生ごみ処理機を使ったりすることである。筆者も2017年から生ごみ処理機を800回以上使い、乾かしたものはコンポストにして、これまで220kg以上のごみを減らしてきた

脱炭素が世界的に叫ばれ、急務となっている今こそ、食品ロス削減と生ごみの分別回収・資源化が望まれる。

参考情報

焼却大国ニッポン 〜日本のリサイクル率はなぜこんなに低いのか?(服部雄一郎、2020年1月23日、サステイナブルに暮らしたい)

一般廃棄物の排出及び処理状況等(令和元年度)について(環境省、2021年3月30日発表)

Municipal Waste (OECD)

なぜ燃やす?2兆円超、8割が水の生ごみも 焼却ごみ量・焼却炉数ともに世界一の日本(井出留美、2021.4.6)

国連4日夜発表速報 年10億トン近く廃棄 食品ロスは温室効果ガス排出10%で気候変動の主要因(61)(井出留美、2021.3.5)

生ごみ処理機を800回使って得られたこととは?200kgのごみが減るだけじゃない(井出留美、2020.11.25)

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)、修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン、青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。3.11食料支援で廃棄に衝撃を受け誕生日を冠した(株)office3.11設立。食品ロス削減推進法成立に協力した。Champions12.3メンバー。著書に『食料危機』『あるものでまかなう生活』『賞味期限のウソ』『捨てられる食べものたち』他。食品ロスを全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門/Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018/第一回食品ロス削減推進大賞消費者庁長官賞受賞。

有料ニュースの定期購読

メディアが報じない世界の食品ロス情報 SDGs世界最新レポートサンプル記事
月額220円(初月無料)
月1回程度
食品ロス対策や省資源化について、日本の報道は「食料が余る前提」の表面的な内容に偏っています。SDGs世界ランキング上位を占める北欧や欧州はどのような取り組みを行っているのか。食品ロス問題を全国的に広め数々の賞を受賞した筆者が、国際組織から入手する情報を含め、日本メディアが報じない「ここでしか知ることのできない食品ロス問題最新動向」を提供します。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。