「おいしいめやす」農林水産省に続き、消費者庁も賞味期限過ぎた備蓄食を寄付

2021年3月30日、消費者庁の井上大臣から福島のNPOに寄付(消費者庁提供)

2020年12月、農林水産省は、省庁で初めて、賞味期限の過ぎた備蓄食品などを、福島県郡山市で活動する、特定非営利活動法人 FUKUSHIMAいのちの水に寄付を行った。

そして2021年3月30日、農林水産省に続き、消費者庁も、賞味期限が過ぎた食品を含む備蓄食品を、同じNPOに寄付した。引き渡し式は同日13時から行われ、井上内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)から、FUKUSHIMAいのちの水へと渡された。

今回渡された「賞味期限を過ぎた食品」とは、無菌状態で包装された米飯(無菌包装米飯)で、消費者庁において細菌検査(一般生菌数・大腸菌群・クロストリディウム属菌)と官能検査を行い、安全に食べられることを確認した上で、「安心して食べられる目安」をつけた食品である。

5日以内の日持ちのものにつけられる「消費期限」と違い、賞味期限は「おいしいめやす」

おおむね5日以内の日持ちのものにつけられるのが「消費期限」表示の食品だ。たとえば弁当、総菜、おにぎり、サンドウィッチ、調理パン、刺身、生クリームのケーキなど。下のグラフでいうと、赤い線で描かれている。

消費期限と賞味期限の違いのイメージ(消費者庁掲載データを基にYahoo!News制作)
消費期限と賞味期限の違いのイメージ(消費者庁掲載データを基にYahoo!News制作)

一方、多くの加工食品は、上のグラフでいうと黄土色で描かれているように、設定された賞味期限を過ぎても、安全に食べられる限界にはまだほど遠い。これは、そもそも賞味期限は品質が切れる日付ではなく、おいしく食べられる目安だからだ。

しかも、その賞味期限には、リスクを考慮した1未満の安全係数が掛け算されている。10ヶ月おいしく食べられるカップ麺に、0.8の安全係数を掛け算すれば、賞味期限は「8ヶ月」ということになる。多くの加工食品は、このように短めに設定されている。

気をつけるべきは「消費期限」表示の食品である。

「賞味期限」は、おいしく食べられる目安である。未開封で保管状態がよければ、それが過ぎても食べられる可能性はあるし、逆に直射日光に当たっていたり、高温高湿のところに長く置かれていたりすれば、賞味期限内であっても品質が劣化している可能性もある。

備蓄食品は賞味期間が年単位と長い

今回、消費者庁が提供した備蓄食品のうち、賞味期限が過ぎていたのは、無菌状態で包装された米飯(無菌包装米飯)だ。また、2020年12月に農林水産省が提供したうち、賞味期限が過ぎていたのは、フルーツの缶詰である。どちらも、無菌状態で包装されるので、加工食品の中でも保存性が高く、安全に食べられる期間が長い。農林水産省も消費者庁も、当然そのことを認識した上で、この食品を選んだのだと思う。

全国の自治体や企業、家庭で、備蓄されている食品。そこに表示されている「賞味期限」は品質が切れる日付ではなく「おいしいめやす」である。このことが、一人でも多くの人に伝わり、無駄に捨てられることのないような社会になってほしい。

参考情報

「賞味期限切れ」備蓄食料を農水省が寄付 国として初の試み、その意義とは?(井出留美, 2020.12.21)

農林水産省初の試み、賞味期限が迫った備蓄食品を捨てずに寄付、食品ロス削減に繋げる(井出留美、2019.12.26)

災害時用備蓄食料をフードバンク活動団体等に提供します!(農林水産省、2020.12.11)

賞味期限の愛称「おいしいめやす」に 環境先進国スウェーデンのいう「安売りより10倍価値ある」こととは(井出留美、2020.11.2)

巣ごもり消費で疑問「賞味期限切れは捨てた方がいい?」英では賞味期限過ぎても捨てないガイドラインを推奨(井出留美、2020.4.27)

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)、修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン、青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。3.11食料支援で廃棄に衝撃を受け誕生日を冠した(株)office3.11設立。食品ロス削減推進法成立に協力した。Champions12.3メンバー。著書に『食料危機』『あるものでまかなう生活』『賞味期限のウソ』『捨てられる食べものたち』他。食品ロスを全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門/Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018/第一回食品ロス削減推進大賞消費者庁長官賞受賞。

有料ニュースの定期購読

メディアが報じない世界の食品ロス情報 SDGs世界最新レポートサンプル記事
月額220円(初月無料)
月1回程度
食品ロス対策や省資源化について、日本の報道は「食料が余る前提」の表面的な内容に偏っています。SDGs世界ランキング上位を占める北欧や欧州はどのような取り組みを行っているのか。食品ロス問題を全国的に広め数々の賞を受賞した筆者が、国際組織から入手する情報を含め、日本メディアが報じない「ここでしか知ることのできない食品ロス問題最新動向」を提供します。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。