「獺祭のお米を食べて」酒米生産量日本一の山田錦とその農家さんを救うために

日本酒の獺祭(だっさい)と、その酒米である山田錦(旭酒造株式会社提供、筆者撮影)

2020年6月14日付の日本農業新聞「[新型コロナ] 日本酒低迷、米産地を直撃 契約3割見直しか 需要回復いつ… 兵庫」は、酒米(酒造好適米:しゅぞうこうてきまい、酒造りに適したコメ)の生産量が日本一の兵庫県で、需要が3割落ち込むとの想定について報じた。

酒米で最も有名な山田錦は3万4,500人の年間食事量と同じだけ栽培されている

兵庫県三木市吉川町は、酒米で最も有名な品種である「山田錦」の作付面積が、水田面積の8割を占めるという。2020年5月30日に山田錦の田植えが本格的に始まったものの、日本酒の出荷量は、2020年2月が前年比9%減、3月が12%減、4月が21%減と徐々に減っており(日本酒造組合中央会による)、事態は深刻だ。

日本酒の獺祭(だっさい)の製造元である、山口県岩国市の旭酒造株式会社によれば、80年前に誕生した山田錦は、全国で57万5千俵、栽培されているという(令和元年度生産量推計)。1俵が60kgなので、57万5千俵とは3万4,500トンに相当する。南極観測隊では、一年間に一人が食べる量をほぼ1トンと推計し、それに余剰を加えて食料を準備している。あくまで概算にすぎないが、3万4,500トンとは、3万4,500人が一年間に食べる量と同じくらいということになる。

獺祭の酒米「山田錦」をコメとして販売

酒米と、その農家さんを救おう、という目的で、旭酒造株式会社は、獺祭の原料である山田錦を、それ単独で売る試みを始めた。

獺祭の酒米 山田錦(旭酒造株式会社公式サイトより)
獺祭の酒米 山田錦(旭酒造株式会社公式サイトより)

精米歩合は90%、内容量は3合(450g)で税別348円。獺祭WEB店ほか、全国の獺祭取り扱い店で販売している。

販売されている獺祭の酒米、山田錦の裏面表示(筆者撮影)
販売されている獺祭の酒米、山田錦の裏面表示(筆者撮影)

筆者も、獺祭のお米を炊いて食べてみた。粘りが少なくてあっさりしている。

もともと酒米は、食用米と違って、でんぷんの多いコメの中心部が大きく、タンパク質やビタミン類の含まれる表層部を磨いて(削って)いるため、食用米とは性質が異なる。粘らない分、リゾットやパエリアなどには向くコメだ。

旭酒造の公式サイトでは、酒米を調理するコツとして、普段より少なめの水で炊くこと、リゾットやチャーハンなどにするのが適していると書かれている。

パエリアやリゾット、チャーハンに最適な、獺祭の酒米「山田錦」(旭酒造株式会社公式サイトより)
パエリアやリゾット、チャーハンに最適な、獺祭の酒米「山田錦」(旭酒造株式会社公式サイトより)

食品ロスを防ぐために値引き販売し、売上金額をフードバンクに寄付した旭酒造

日本酒を飲む人の間では、獺祭というブランドは、非常によく知られている。筆者は日本酒を飲む習慣がないが、獺祭に注目した出来事があった。それは2017年、獺祭が自主回収した製品の安全性を検査し、保健所にも確認をとった上で半額で販売し、その売り上げ金額である180万円強を、フードバンクのセカンドハーベスト・ジャパンに寄付したことだ。

セカンドハーベスト・ジャパンへの寄付について(2017年5月26日、旭酒造株式会社)

自主回収は、筆者も勤務先だった食品メーカーで経験している。自主回収はゼロであることが理想ではあるが、どんなに安全管理に留意しても、ゼロにすることは非常に難しい。そして、現在のロットナンバーで管理する方式では、疑いのあるものだけでなく、それ以外のものもすべて大量に回収し、その全てを廃棄してしまう。

もちろん、安全性が担保されることが優先されるが、生命に関わりのない表示など、中身に別状のないことで回収されることも多い。それが資源の無駄につながるとして、2000年、食品業界で自主回収の多かった年に、厚生労働省が、自主回収の判断基準として、消費者の健康被害の有無という考え方を提示した。だが、あれから20年経った今も、「健康被害はありませんが、念のため自主回収します」という企業は多い。

旭酒造株式会社の、この時の姿勢は、起こったことを開示し報告するということ、食品を無駄にしないということで、筆者は感銘を受けた。

獺祭の酒米「山田錦」と、磨き二割三分、三割九分、大吟醸の三種類(筆者撮影)
獺祭の酒米「山田錦」と、磨き二割三分、三割九分、大吟醸の三種類(筆者撮影)

コロナ禍で判明する、食品が生き物であるということ

コロナ禍は、食べ物が生き物から作られていることを、あらためて私たちに教えてくれている。

牛乳を殺菌する前の生乳は、4月から6月にかけてが最も生産量が多い。一度、搾乳を始めたら止めることはできないし、止めたら、乳牛が感染症にかかってしまう恐れがある。J-ミルクは6月14日までの期間限定で、農林水産省らの支援を受け、牛乳を無償配布した。

子どもたちにご飯を!農林水産省が食育目的で備蓄米 Jミルクは牛乳を フードバンク、子ども食堂へ届け

学校給食向けに丹精込めて小松菜を育てていた農家は、学校給食中止を受けて、泣く泣く、小松菜すべてをつぶさざるを得なくなった。

お米は、田植えが始まってから収穫するまで半年近くかかる。今回の新型コロナで、JA全農兵庫は、4月下旬、県内生産者に緊急通知を出し、酒米から主食用品種への転換を呼びかけたが、多くの農家が苗作りを始めた後で、変更できなかったという(2020年6月14日付、日本農業新聞)。

酒米は、生産量日本一の山田錦を筆頭に、五百万石、美山錦、雄町、秋田酒こまちなど、100種類以上が作られている。「雄町(おまち)」の発祥である岡山県では、県内の酒造メーカー3社が、食用として、県内のスーパー、山陽マルナカ35店舗で販売する取り組みを始めた(2020年6月11日付、山陽新聞朝刊7面)。

世界で評価される日本酒の元であるコメと、それを作る農家さんが、この危機を乗り越えられるよう、多くの人の支援が得られるよう、祈りたい。

関連情報

山田錦の生産者さんや酒造会社、日本酒料理店を招いて、現状や山田錦について語るウェビナー(ウェブセミナーのこと)が、6月26日19時に開催される(2020年6月13日付神戸新聞より)。クラウドファンディングで支援してくれた方、限定20名をウェビナーに招待し、オリジナルのおちょこが送られるとのこと。詳細はネット検索で。問い合わせは神戸新聞メディアビジネス局へ(078-362-7073)。

生産者さんを応援したい…獺祭の酒米「山田錦」を販売します(旭酒造株式会社)

[新型コロナ] 日本酒低迷、米産地を直撃 契約3割見直しか 需要回復いつ… 兵庫(2020年6月14日付、日本農業新聞)

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン(株)、青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。311食料支援で廃棄に衝撃を受け誕生日を冠した(株)office3.11設立。「食品ロス削減推進法」成立に協力した。世界資源研究所(WRI)とオランダ政府が運営し食品ロス削減を目指すチャンピオン12.3メンバー。著書に『賞味期限のウソ』『食品ロスをなくしたら1か月5000円の得』。食品ロスを全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門/Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞

有料ニュースの定期購読

食品ロス問題ジャーナリスト・井出留美のSDGs世界最新レポートサンプル記事
月額900円(初月無料)
月2回程度
気候変動が深刻化し、SDGs(持続可能な開発目標)が注目されていますが、対応に悩む企業も多いです。著者は企業広報に14年半、NPO広報に3年従事の後、執筆や講演を通して食品ロス問題を全国に広め、数々の賞を受賞しました。SDGsが掲げる17目標のうち、貧困や飢餓、水・衛生、生産・消費など、多くの課題に関わる食品ロスの視点から、国内外の事例を紹介し、コスト削減や働き方改革も見据え、何から取り組むべきか考えます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。