SDGs世界レポート(7)世界SDGs達成度ランキング1位スウェーデンの取り組みとは?現地レポート

スウェーデン・マルメ市内で寄付される規格外の果物(株)ワンプラネット・カフェ撮影

SDGs世界達成度ランキングで1位(2018年)のスウェーデン。義務教育で、環境・社会・経済というSDGsの3要素についてしっかり学んでいる。その考え方や背景を知るため、スウェーデンの現地を取材した。

この記事は有料です。
食品ロス問題ジャーナリスト・井出留美のSDGs世界最新レポートのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

食品ロス問題ジャーナリスト・井出留美のSDGs世界最新レポートのバックナンバー2020年3月サンプル記事

井出留美

価格

900(記事5本)

2020年3月号の有料記事一覧

すべて見る

気候変動が深刻化し、SDGs(持続可能な開発目標)が注目されていますが、対応に悩む企業も多いです。著者は企業広報に14年半、NPO広報に3年従事の後、執筆や講演を通して食品ロス問題を全国に広め、数々の賞を受賞しました。SDGsが掲げる17目標のうち、貧困や飢餓、水・衛生、生産・消費など、多くの課題に関わる食品ロスの視点から、国内外の事例を紹介し、コスト削減や働き方改革も見据え、何から取り組むべきか考えます。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)、修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン(株)青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。311食料支援で食料廃棄に憤りを覚え、誕生日を冠した(株)office3.11設立。日本初のフードバンクの広報を委託され、PRアワードグランプリソーシャルコミュニケーション部門最優秀賞へと導いた。『食品ロスをなくしたら1か月5,000円の得』『賞味期限のウソ』。食品ロス問題を全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして2018年、第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門受賞。Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ