食品ロスのドキュメンタリー映画、ついに今年8月公開!『もったいないキッチン』

映画『もったいないキッチン』(c)UNITED PEOPLE

全国の食品ロス削減の取り組みを取材したドキュメンタリー映画『もったいないキッチン』が、いよいよ2020年8月に公開される。監督はダーヴィド・グロス氏。ヨーロッパ5カ国の食品ロス削減の取り組みを5週間撮影した映画『0円キッチン』の監督だ。

2020年1月30日、制作と配給を担当したユナイテッドピープル株式会社が主催し、東京都千代田区のUSHIO COMMUNICATION LAB(ウシオ電機株式会社)で、協賛企業と関係者向けの試写会が開催された。その様子をお伝えしたい。

試写会には協賛企業はじめ大勢の関係者が集まった(筆者撮影)
試写会には協賛企業はじめ大勢の関係者が集まった(筆者撮影)

最初に、会場を提供したウシオ電機株式会社よりご挨拶があった。ウシオ製のシネマ用クセノンランプは、なんと全世界の映画館のうち、およそ65%で使われているそうだ。

会場を提供して下さったウシオ電機株式会社のご挨拶(撮影:株式会社office3.11)
会場を提供して下さったウシオ電機株式会社のご挨拶(撮影:株式会社office3.11)

続いて、映画『もったいないキッチン』の制作・配給を担当する、ユナイテッドピープル株式会社の代表取締役、関根健次さんが、映画制作に至るまでの経緯を語った。

映画『もったいないキッチン』の制作・配給を担当するユナイテッドピープル株式会社の関根健次さん(撮影:株式会社office3.11)
映画『もったいないキッチン』の制作・配給を担当するユナイテッドピープル株式会社の関根健次さん(撮影:株式会社office3.11)

協賛した企業のうち、メインスポンサーであるクックパッド株式会社はじめ、6社の代表者が、映画完成のお祝いの言葉とメッセージを述べた。

クックパッド株式会社代表執行役の岩田林平さん

映画『もったいないキッチン』のメインスポンサー、クックパッド株式会社代表執行役の岩田林平さん(撮影:株式会社office3.11)
映画『もったいないキッチン』のメインスポンサー、クックパッド株式会社代表執行役の岩田林平さん(撮影:株式会社office3.11)

株式会社クラダシ代表取締役社長、関藤竜也さん

協賛企業の株式会社クラダシ代表取締役社長、関藤竜也さん(撮影:株式会社office3.11)
協賛企業の株式会社クラダシ代表取締役社長、関藤竜也さん(撮影:株式会社office3.11)

大和リース株式会社代表取締役社長の森田俊作さん

協賛企業、大和リース株式会社代表取締役社長の森田俊作さん(撮影:株式会社office3.11)
協賛企業、大和リース株式会社代表取締役社長の森田俊作さん(撮影:株式会社office3.11)

ル・クルーゼ・ジャポン株式会社、社長代理、高橋さん

協賛企業、ル・クルーゼ・ジャポン株式会社、社長代理、高橋さん(撮影:株式会社office3.11)
協賛企業、ル・クルーゼ・ジャポン株式会社、社長代理、高橋さん(撮影:株式会社office3.11)

アイムライズ株式会社代表取締役、佐藤亮一様の代理の方

協賛企業、アイムライズ株式会社代表取締役、佐藤亮一様の代理の方(撮影:株式会社office3.11)
協賛企業、アイムライズ株式会社代表取締役、佐藤亮一様の代理の方(撮影:株式会社office3.11)

石坂産業株式会社代表取締役の石坂典子さん

協賛企業、石坂産業株式会社代表取締役の石坂典子さん(撮影:株式会社office 3.11)
協賛企業、石坂産業株式会社代表取締役の石坂典子さん(撮影:株式会社office 3.11)

協賛企業のご挨拶が終わり、映画『もったいないキッチン』(97分間)を上映した。

映画『もったいないキッチン』(c)Macky Kawana
映画『もったいないキッチン』(c)Macky Kawana

上映後、出演者を代表して3名がメッセージを述べた。

一人めは、ダーヴィド監督と一緒に出演し、通訳者としても活躍した、塚本ニキさん。

出演者の塚本ニキさん(左)(撮影:株式会社office3.11)
出演者の塚本ニキさん(左)(撮影:株式会社office3.11)

映画の冒頭で出演している筆者もメッセージを述べた。

筆者(左から2番目)(撮影:横尾祐介さん)
筆者(左から2番目)(撮影:横尾祐介さん)

映画の公式サイトの「学ぶ」というページでも、拙著を通して協力させて頂いた。

試写会では、ドッと笑いが起きたシーンがあった。その撮影のときのことについても触れた。

映画の中で、笑いが起きたシーンについて説明した(筆者、左から2番目)(撮影:横尾祐介さん)
映画の中で、笑いが起きたシーンについて説明した(筆者、左から2番目)(撮影:横尾祐介さん)

映画の後半で出演した日本環境設計株式会社の岩元美智彦さんは、ごみをごみにせず資源にするデロリアンの取り組みを行っている。

日本環境設計株式会社の岩元美智彦さん(撮影:株式会社office3.11)
日本環境設計株式会社の岩元美智彦さん(撮影:株式会社office3.11)

今回の試写会では、受付を、食品ロス削減に強い関心を持って取り組んでいる大学生チームが担当した。その中で、オリンピック・パラリンピックでの食品ロスをなくすため、リオ大会でも実施された、余剰食品を活用したレストランを立ち上げようと企画している、神戸市立外国語大学の辻田創さんが熱い想いを語った。

神戸市立外国語大学の辻田創さん。オリンピック・パラリンピックの食品ロスを活用するレストランを企画するため、一年間休学して上京している(撮影:株式会社office3.11)
神戸市立外国語大学の辻田創さん。オリンピック・パラリンピックの食品ロスを活用するレストランを企画するため、一年間休学して上京している(撮影:株式会社office3.11)

試写会終了後のお料理は、「命の循環」をコンセプトとしている、株式会社CRAZY KITCHEN(クレイジーキッチン)が担当した。

クレイジーキッチンの見た目も美しいお料理(筆者撮影)
クレイジーキッチンの見た目も美しいお料理(筆者撮影)

CEOの土屋杏里さんが、お料理を紹介してくださった。

クレイジーキッチンの料理メニュー(筆者撮影)
クレイジーキッチンの料理メニュー(筆者撮影)

ドリンクとして提供されたロゼワインは、色がとても美しく、飲みやすかった。株式会社ロゼレガンスの川口知佐さんが、ワインの背景について説明してくださった。

映画『もったいないキッチン』(c)Macky Kawana
映画『もったいないキッチン』(c)Macky Kawana

8月に公開されるこの映画が、より多くの人に届き、食べられる食べ物を「命」と認識し、しっかりと活かしていける世の中にしたい。

映画『もったいないキッチン』

監督・脚本:ダーヴィド・グロス

出演: ダーヴィド・グロス、塚本ニキ、井出 留美 他

プロデューサー:関根 健次

制作:ユナイテッドピープル

配給:ユナイテッドピープル

配給協力・宣伝:クレストインターナショナル

2020年/日本/日本語・英語・ドイツ語/16:9/97分

公式サイト

映画『もったいないキッチン』(c)UNITED PEOPLE
映画『もったいないキッチン』(c)UNITED PEOPLE

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)、修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン(株)青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。311食料支援で食料廃棄に憤りを覚え、誕生日を冠した(株)office3.11設立。日本初のフードバンクの広報を委託され、PRアワードグランプリソーシャルコミュニケーション部門最優秀賞へと導いた。『食品ロスをなくしたら1か月5,000円の得』『賞味期限のウソ』。食品ロス問題を全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして2018年、第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門受賞。Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞

有料ニュースの定期購読

食品ロス問題ジャーナリスト・井出留美のSDGs世界最新レポートサンプル記事
月額900円(初月無料)
月2回程度
気候変動が深刻化し、SDGs(持続可能な開発目標)が注目されていますが、対応に悩む企業も多いです。著者は企業広報に14年半、NPO広報に3年従事の後、執筆や講演を通して食品ロス問題を全国に広め、数々の賞を受賞しました。SDGsが掲げる17目標のうち、貧困や飢餓、水・衛生、生産・消費など、多くの課題に関わる食品ロスの視点から、国内外の事例を紹介し、コスト削減や働き方改革も見据え、何から取り組むべきか考えます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。