家庭ごみからもおせち?!1〜2万円するおせちを「余ったら半額値引き」の繰り返しでいいのか?

(写真:アフロ)

2020年1月15日、テレビ朝日系列の報道で、今頃なぜ?おせちが人気 Xmasケーキも大セールというのがあった。通販の楽天市場のサイトを見てみると、確かに、おせち料理が2万円強で買えるとある。半額で2万円以上か・・・。

筆者は一年近く前の2019年2月5日に「え?なぜ2月にクリスマスケーキやローストチキンやおせち売ってるの?」恵方巻だけじゃない余る季節商品という記事を書いた。

フードバンクには2万円を超えるおせちが寄付されていた

おせちが余ってしまう現象は、今に始まったことではない。筆者がフードバンクの広報責任者を務めていた2011年秋から2014年秋にかけての3年間、正月明けになってから2万円以上のおせち料理が寄付されてくるのを目の当たりにしていた。昔と違い、今のおせち料理は冷凍で流通するものも多い。賞味期限が長めになっているのだ。

フードバンクには、丸型のクリスマスケーキも届いていた。クリスマスイブの前に届いていた。

筆者がフードバンク広報責任者のとき届いていたクリスマスケーキ(筆者撮影)
筆者がフードバンク広報責任者のとき届いていたクリスマスケーキ(筆者撮影)

テレビショッピングや通販で売れなくなったおせちの販売案内もあった

フードバンクの広報を辞めた後も、おせちが余っていることを耳にしていた。たとえばテレビショッピングや通販で販売されるはずだったおせちが、何らかの事情で販売できなくなり、大晦日近くに、急遽、友人や知人などに「おせち買いませんか?」と告知をしていることもあった。

家庭ごみからもおせちが・・・

お笑い芸人でごみ清掃員としても大活躍している、マシンガンズ滝沢秀一さんに取材したときには、家庭ごみからおせちやメロン、クリスマスケーキが出てくるという生々しい話も伺った。

ー季節ごとに、ちょっと違う食べ物のゴミとかはあるんですか。

滝沢:栗なんかもやっぱり出ます。イガグリのままだとか。そうだな。正月明けは、それこそおせち。半分ぐらい残されているだとか、クリスマスケーキが出るんですよね。

ーホールの半分?

滝沢:ホールの半分ぐらいですね。やっぱり食べ切れないという理由なんでしょうけれども。でも、ここ数年はちょっと多いような気もしないでもないんですよね。

ーそうですか。

出典:家庭ゴミからおせち、メロン丸ごと3個・・・ゴミ清掃員マシンガンズ滝沢さんが明かす家庭ゴミの中身(上)
取材に応じてくれた滝沢秀一さん(筆者撮影)
取材に応じてくれた滝沢秀一さん(筆者撮影)

冷凍が「冷蔵」で運ばれて全処分のおせちも・・・

2018年末には、運送業者が誤って「冷凍」を「冷蔵」にし、埼玉県から北海道まで運んだおせちが配達されなかったということもあった。

マスメディアは「安く買えてお得」を報道するだけでいいのか

冒頭のテレビ報道では、余ったおせちやクリスマスケーキをテレビ局がお値打ち価格で買い、女子アナウンサーが美味しそうに食べるシーンが報道されていた。

それはそれとして、視聴者に対するメッセージは何なのだろう。「余ったおせちやクリスマスケーキが破格の値段で買えるからお得よ〜♪」ということか。

廃棄せず、値段を下げてでも売る企業姿勢は評価できる。でも、自社で数を調整できる販売者の立場なら、「売り切りごめん」でいいのではないか。

今の日本の食品業界では、メーカーが欠品を起こすと、悪くすれば小売(コンビニ・スーパー・百貨店)から「取引停止」を命じられるため、作り手の立場は弱い。強い立場(優越的地位)にある売り手にしたがって、多く作らざるを得ない。

でも、結局、そうやって販売企業が余らせたものは、事業者が廃棄コストを払うだけではなく、われわれ消費者が納めた税金も使って焼却処分されているのだ。日本のごみ処理費は、食べ物も全てひっくるめておよそ2兆円におよぶ(環境省による)。

SDGs(国連広報センターHP)
SDGs(国連広報センターHP)

「日本のSDGsは周回遅れ」

SDGsの専門家が「日本のSDGsは世界から見て周回遅れ」と嘆くのも当然だ。

日本では「余ったら廃棄処分」もしくは「余ったらリサイクル」という考え方が多い。それも、十分に食べられるものを焼却処分やリサイクルしている。

SDGs達成度の世界ランキング1〜2位のスウェーデンでは、バナナの皮やコーヒーのかすなど、食べられない部分をグリーンエネルギー(再生可能エネルギー)にして、街中をバスが走っていた。

日本にも賞味期限切れスーパーが登場しており、90%以上引きなど、信じられないくらいの値引率で販売している。

賞味期限切れスーパーの発祥の地であるデンマークでは、値引率を20〜30%に留め、得た利益の一部を途上国などの支援に活用していた。

少なくとも「はーい!お得ですよ〜♪」と消費者を煽るだけの姿勢ではなかった。

食料自給率が37%なのに、世界中から食べ物を買い集め、とてつもない距離を移動させて環境負荷をかけ、その上、何万円もするおせちを、毎年、お決まりのように余らせている場合ではないだろう。何万円する食品は、見込みで作って余らせるのではなく、「完全予約制」にしたらどうか。

販売者やメディアが変わらないのであれば、われわれ消費者が賢く冷静になり、「安いよ安いよ」を繰り返す風潮を変えていく必要がある。余って安売りするより、適量作って売る方が、結局、製造者も販売者も消費者も安く済むのだ。

関連情報

家庭ゴミからおせち、メロン丸ごと3個・・・ゴミ清掃員マシンガンズ滝沢さんが明かす家庭ゴミの中身(上)

北海道在住の方へ 九州からお取り寄せした10000円以上の冷凍おせちが冷蔵で届いたら全部捨てますか?

まるで映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアン?バナナとコーヒーで走るスウェーデンのバス

賞味期限切れスーパーの元祖 ヒュッゲの国デンマークの食品ロス年70万トン削減目指すwefood

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)、修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン(株)青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。311食料支援で食料廃棄に憤りを覚え、誕生日を冠した(株)office3.11設立。日本初のフードバンクの広報を委託され、PRアワードグランプリソーシャルコミュニケーション部門最優秀賞へと導いた。『食品ロスをなくしたら1か月5,000円の得』『賞味期限のウソ』。食品ロス問題を全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして2018年、第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門受賞。Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞

有料ニュースの定期購読

食品ロス問題ジャーナリスト・井出留美のSDGs世界最新レポートサンプル記事
月額900円(初月無料)
月2回程度
気候変動が深刻化し、SDGs(持続可能な開発目標)が注目されていますが、対応に悩む企業も多いです。著者は企業広報に14年半、NPO広報に3年従事の後、執筆や講演を通して食品ロス問題を全国に広め、数々の賞を受賞しました。SDGsが掲げる17目標のうち、貧困や飢餓、水・衛生、生産・消費など、多くの課題に関わる食品ロスの視点から、国内外の事例を紹介し、コスト削減や働き方改革も見据え、何から取り組むべきか考えます。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    1万円札が減少し、5千円札が増えてきたのはどうしてなのか 久保田博幸2/15(土) 10:51
  2. 2
    確定申告が2月17日から開始。新型コロナウィルス対策のためIT利用を推奨。スマホからの申告も可能に。 大元隆志2/16(日) 18:31
  3. 3
    新型肺炎で考える! 仕事ができる人の「危機管理能力」と「リスク管理能力」 横山信弘2/15(土) 19:05
  4. 4
    【速報】大阪IR入札、1社しか希望なく単独入札へ 木曽崇2/14(金) 18:34
  5. 5
    横浜市の「カジノ誘致」騒動の虚しさ。どう見ても失敗するので、反対する気力すら起こらない。なぜか? 山田順2019/8/29(木) 4:39
  6. 6
    ストレス耐性をアップし、ビジネスの「総合スキル」を向上させる2つの視点 横山信弘2/15(土) 21:23
  7. 7
    新型肺炎の拡大が収束との楽観的な見通しが出てきた、市場は疑心暗鬼ながらもリスクオンの動きに 久保田博幸2/13(木) 10:06
  8. 8
    大きく変わった医療費控除~領収書提出不要と新たな義務 小澤善哉2018/2/10(土) 19:05
  9. 9
    震災直後、メーカーに欠品を禁じた企業とは?食品ロス削減の1/3ルール緩和から7年、1/6を課す企業も 井出留美2/10(月) 11:06
  10. 10
    「残業好き」の人たちにとって働き方改革とは何なのか? 横山信弘2/7(金) 7:16