世界の気候変動を止めるためにできることは?「未来のための金曜日」(FridaysForFuture)

スウェーデンの16歳、Greta Thunberg(グレタ・トゥーンベリ)さん(写真:ロイター/アフロ)

世界で発生する食品ロスと食料廃棄は、気候変動を引き起こす、大きな要因の一つだ。

FAO(国連食糧農業機関)のレポートによれば、世界の温室効果ガス(GHG)排出量のうち、世界の食品ロスと食料廃棄がもたらすものが、およそ8%も占めている。

FAOのレポートでは、

世界の食料ロス・食料廃棄の排出量を一国にまとめると、中国( 10.7Gt )と米国( 6.3Gt )に次いで、第3位( 4.4Gt )の排出源に位置づけられる。(中略)エネルギー利用の観点から見ると、世界のフードシステムにおけるエネルギー消費の38%が、ロスや廃棄によって無駄になる食料の生産に使われている。

出典:FAO「世界の農林水産」レポート

としている(Gtとは、ギガトンの略)。

国連気候行動サミットでスウェーデンの16歳、グレタ・トゥーンベリさんがスピーチ

2019年9月23日、米国・ニューヨークの国連本部で、国連気候行動サミット2019が開催された。

スウェーデンの16歳、Greta Thunberg(グレタ・トゥーンベリ)さんは、二酸化炭素排出量の多い飛行機を使わず、ヨットを使って2週間かけて訪米し、説得力のあるスピーチを行った。

グレタさんが世界で注目を浴びたのは、2018年12月にポーランドで開催された、COP24(通称:コップ24、国連気候変動枠組条約第24回締約国会議)でのスピーチだ。このときのスピーチと、今回のスピーチを比べると、わずか半年ちょっとしか経っていないが、心の底から溢れ出す感情(特に社会に対する怒りや悲しみ)は、今回の方が、より強く伝わってくる。

2018年12月 COP24

2019年9月 国連気候行動サミット

「未来のための金曜日」(FridaysForFuture)

グレタさんは、2018年8月、毎週金曜日に国会前での座り込みを始めた。地球温暖化対策に真摯に取り組むことを求めて。

グレタさんの行動は、世界中の若者を動かした。

「FridaysForFuture(未来のための金曜日)」と称され、公式サイトも完成した。

FridaysForFuture 公式サイト

この世界の動きが、2018年12月のCOP24でのスピーチへとつながった。2019年1月には、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議、於:スイス)にも招かれた。このときも、飛行機ではなく、鉄道を使って移動した。

今回、気候行動サミット2019に合わせて、世界150カ国以上で若者たちがイベントを開催した。

2019年3月にはイタリア・ベネツィアでも若者デモ開催

2019年3月15日の金曜日、イタリア・ベネツィアでは、若者たちが街じゅうをプラカード持参で歩き回るデモを行った。「未来のための金曜日」である。当時、筆者はデモを目の当たりにしていた。

イタリア・ベネツィアの街を、プラカードを持って歩く若者たち(筆者撮影)
イタリア・ベネツィアの街を、プラカードを持って歩く若者たち(筆者撮影)

ベネツィアの街は、場所によっては道路がとても狭い。その狭い道を、観光客が足止めを食うくらい、数百人以上の若者たちが、列を途切らせることなく歩いていた。

ベネツィアでFridaysForFutureデモを行う若者たち(筆者撮影)
ベネツィアでFridaysForFutureデモを行う若者たち(筆者撮影)

スウェーデンは世界のSDGsランキング上位の国

世界のSDGs(エスディージーズ:持続可能な開発目標)ランキングで最新の1位はデンマークだ。スウェーデンも、毎年、上位に入るほど、環境対策や持続可能性の追求は進んでいる。全体的には日本よりもずっと進んでいるわけだが、そのスウェーデンで暮らすグレタさんからしたら、自国だけでなく、地球全体で進めないと、もう間に合わない、という危機感の強い思いだろう。

2019年7月の取材によれば、セブン-イレブンで販売するバナナに認証マークがついているのはスウェーデンだけだそうだ(スウェーデンにて、筆者撮影)
2019年7月の取材によれば、セブン-イレブンで販売するバナナに認証マークがついているのはスウェーデンだけだそうだ(スウェーデンにて、筆者撮影)

参考情報

映画『バナナの逆襲』

2019年7月、筆者がスウェーデンを取材した際、コーヒーかすやバナナの皮など、食べられない部分(不可食部)をリサイクルした再生可能エネルギーを使って、バスが走っていた。

日本では、食べられない部分だけでなく、食べられる部分(可食部)までリサイクルして「うち(の組織)は、ちゃんとリサイクルしています(から環境対策OK)」と謳うことが多いのではないだろうか。

気候変動を止めるためにできることは?

世界の若者たちの「FridaysForFuture」を受けて、私たちができることの一つは「食べられる食べ物を捨てないこと」

冒頭に述べたように、世界で発生する食品ロスや食料廃棄は、中国・米国に次いで大きな温室効果ガスの排出源となっている。

世界の食料ロス・食料廃棄の排出量を一国にまとめると、中国( 10.7Gt )と米国( 6.3Gt )に次いで、第3位( 4.4Gt )の排出源に位置づけられる。

出典:FAO「世界の農林水産」レポート

小さな改善が、大きな改革につながるはずだ。

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン(株)、青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。311食料支援で廃棄に衝撃を受け誕生日を冠した(株)office3.11設立。「食品ロス削減推進法」成立に協力した。世界資源研究所(WRI)とオランダ政府が運営し食品ロス削減を目指すチャンピオン12.3メンバー。著書に『賞味期限のウソ』『食品ロスをなくしたら1か月5000円の得』。食品ロスを全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門/Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞

有料ニュースの定期購読

食品ロス問題ジャーナリスト・井出留美のSDGs世界最新レポートサンプル記事
月額900円(初月無料)
月2回程度
気候変動が深刻化し、SDGs(持続可能な開発目標)が注目されていますが、対応に悩む企業も多いです。著者は企業広報に14年半、NPO広報に3年従事の後、執筆や講演を通して食品ロス問題を全国に広め、数々の賞を受賞しました。SDGsが掲げる17目標のうち、貧困や飢餓、水・衛生、生産・消費など、多くの課題に関わる食品ロスの視点から、国内外の事例を紹介し、コスト削減や働き方改革も見据え、何から取り組むべきか考えます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。