6月5日から始まるインドネシアの「レバラン」とは?捨てていた規格外コーヒー豆の種子でコーヒーアロマ?

インドネシアで大量に販売されるデーツ(ナツメヤシの実のドライフルーツ)筆者撮影

2019年5月中旬、筆者がインドネシアに渡航した際は、「ラマダン」と呼ばれる断食月だった。

インドネシアでは、2019年は、5月5日から6月4日までの1ヶ月が断食月で、6月5日から6月6日は「レバラン」である。6月5日は「環境の日」でもある。

イスラム教には断食の時期があり、年によってその時期が異なる。断食が明けると「断食明け大祭」(レバラン)だ。日本のお盆休みや正月のように、レバラン前後の一週間ぐらいが休暇になる。

2019年のレバランについては、2018年11月13日、インドネシア政府が「2019年6月5日~6日」と発表していた。2019年は、6月1日から9日までが9連休となる。一年で最も大きな休暇となり、インドネシアでは皆が楽しみにしているそうだ。

インドネシア・ジャワ島在住のysm141@ジャワさんが、ツイッターに、レバラン前日(6月4日)の現地の様子をあげておられ、掲載のご快諾を頂いた。

インドネシア滞在中に、日本とは異なる食文化を発見したので、いくつか紹介してみたい。

日没近くの空港では到着時に軽食が配布されていた

たまたまかもしれないが、ちょうど夕方(日没)近くに日本からの飛行機がジャカルタの空港に到着し、そこでは、箱に入った軽食が配られていた。

ジャカルタの空港で到着客に配られていた軽食(筆者撮影)
ジャカルタの空港で到着客に配られていた軽食(筆者撮影)

箱を開けると、パン・水・ナツメ(ナツメヤシの実のドライフルーツ。デーツとも呼ばれる)が入っていた。

ジャカルタの空港で配られた軽食セット(筆者撮影)
ジャカルタの空港で配られた軽食セット(筆者撮影)

エミレーツ航空は、2019年5月、ナツメを100万個提供したそうだ。

断食を終えたら「まずはデーツ」

長い時間にわたる断食を終えて、すぐにボリュームのある食事をかきこむのは、消化器官に負担をかけてしまう。

そこで、まずはナツメヤシの実のドライフルーツ(デーツ)を食べる。

ラマダン期間中には、スーパーマーケットなどに、たくさんのデーツが積まれる。

「預言者ムハンマドは、一日の断食が終わるとデーツを食べた」という言い伝えもあるそうだ。

スーパーマーケットにたくさん積まれたデーツの箱(筆者撮影)
スーパーマーケットにたくさん積まれたデーツの箱(筆者撮影)

断食明けには「クパット」と呼ばれる、ヤシの葉で編んだものの中にコメを入れて調理する、餅のようなものも定番だ。

ラマダン中は夕方のレストランが予約でいっぱい!

ラマダンは断食月。といっても、1ヶ月間、絶食をするわけではない。日没(日が沈んで)から、翌朝、日の出まで、つまり、夕方以降から翌日の日の出までは、食事をすることができる。

インドネシア滞在中は、レストランで夕食を予約する方がたくさんいた。ショッピングモールなど、レストランが集中する場所では、どの店もほとんど予約でいっぱい・・・という場合もあった。

ボゴール市内のショッピングモールに出店していた吉野家(筆者撮影)
ボゴール市内のショッピングモールに出店していた吉野家(筆者撮影)

インドネシア、西ジャワ州の都市、ボゴールのショッピングモールにあるフードコートは、家族連れやカップルなどで賑わっていた。

ボゴールのショッピングモールにあるフードコートで食べた食事。左上はインドネシアの焼き鳥、サテ(筆者撮影)
ボゴールのショッピングモールにあるフードコートで食べた食事。左上はインドネシアの焼き鳥、サテ(筆者撮影)

スーパーにはラマダン・ハンパー(食品詰め合わせ)が山積み

スーパーマーケットやショッピングモールの食品売り場には、"RAMADAN HAMPERS(ラマダン・ハンパー)"と書かれた、食品の詰め合わせパックがたくさん積まれていた。長期休暇中、帰省する時など、このハンパー(詰め合わせ)をお土産に持って行くのだそうだ。

RAMADAN HAMPERS(ラマダン・ハンパー)が積まれたスーパー(筆者撮影)
RAMADAN HAMPERS(ラマダン・ハンパー)が積まれたスーパー(筆者撮影)

かつてイギリスの植民地だったマレーシアでも、同様の習慣があるとのこと。

日本のお盆さながらにマレーシアのムスリムが大移動するハリラヤ。その際の手土産や贈り物として飛ぶように売れるのが「ハンパー」です。

ハンパー(Hamper)とは、イギリス発祥の習慣で、選りすぐりの食材をカゴに詰めて贈るギフトのこと。マレーシアはかつてイギリスの植民地でしたので、イギリス流の文化が残っているのです。

出典:断食後のお祝い、ハリラヤで飛ぶように売れる贈り物とは?

インドネシアではスンバコ(Sembako)とも呼ばれるらしい。

「スンバコ」は、もともと米、食用油、砂糖、塩、肉や魚、卵、牛乳、とうもろこし、灯油の9種類の生活必需品を意味しています。富裕層や経営者が感謝の意を込めて、日頃からお世話になっている人たちに9品の詰め合わせを配るのです。

今ではスンバコの中身も変化して、お菓子や麺類、また衣類なども入り、日本のお歳暮のようにバリエーション豊かになりました。

ラマダンが始まる前からデパートやスーパーには多彩な商品が所狭しと並べられます。スンバコ用のセットのみならず、レバランに帰省するときに必要な衣服や手土産用の品物もぎっしり。レバラン休暇を待つ人の心をくすぐります。

出典:国別 贈り物上手になるためのヒント
ラマダン中、スーパーにずらりと並べられた食品などの詰め合わせセット(筆者撮影)
ラマダン中、スーパーにずらりと並べられた食品などの詰め合わせセット(筆者撮影)

都市部と地方とでは違いがあるようだが、買い物は、人々の楽しみのようだ。

チップス人気

これも地域によって異なると思うが、ジャカルタ市内の各ショッピングモールやスーパーマーケットの食品売り場では、ポテトチップスなどの揚げた菓子が人気だった。

仕事で渡航した際、お世話になった、ASEAN(アセアン)事務局の方に教えて頂いたのが、芋の一種であるキャッサバを薄くスライスして揚げた「キャッサバチップス」だった。

スーパーに山と積まれたキャッサバチップス(筆者撮影)
スーパーに山と積まれたキャッサバチップス(筆者撮影)

普段、ポテトチップスなどを食べないので、どうなのかな・・と思いながら買ったら、バーベキュー味の製品は、一袋すぐ食べてしまうほどだった。

芋の一種、キャッサバを薄く切って揚げた「キャッサバチップス」(筆者撮影)
芋の一種、キャッサバを薄く切って揚げた「キャッサバチップス」(筆者撮影)

他にも、ポテトチップスを砕いてチョコレートに入れた、板チョコタイプの「ポテトチップスチョコレート」も、意外なほど美味しく、おしゃれなパッケージだった。

コーヒーでアロマ作り

今回、筆者が出張した目的は、農林水産省ASEAN事業の寄付講座の一環で、ボゴール農科大学の大学院生たちに、農産物を食品ロスにしないための商品開発のワークショップや食品ロスの講義をするためだった。

2017年から渡航して各大学でワークショップと食品ロスの講義を実施しており、今回のインドネシアで6カ国目となった。

農林水産省が講座を行っているアセアン諸国10の大学(農林水産省公式サイト)
農林水産省が講座を行っているアセアン諸国10の大学(農林水産省公式サイト)

リアルタイムでアンケートを実施でき、その集計結果を瞬時にその場にいる全員に共有できるレスポン(respon)を使い、「どの農産物を商品開発したいですか?」と聞いてみた。

29名の結果は下記の通りとなった。

コメを希望した院生は1名のみだった。

一方、コーヒー希望者は9名もいた。

ボゴール農科大学の大学院で「どの農産物を食品加工して商品開発したいですか?」の質問をリアルタイムアンケートシステム「respon(レスポン)」で調べた(レスポンシステムで作成されたグラフ)
ボゴール農科大学の大学院で「どの農産物を食品加工して商品開発したいですか?」の質問をリアルタイムアンケートシステム「respon(レスポン)」で調べた(レスポンシステムで作成されたグラフ)

グループに分かれて、それぞれの農産物を加工することにより食品ロスにせず、日本へ輸出するなどにより、ビジネスとしても成果を得られる商品開発に取り組んでもらった。

グループに分かれて商品開発する院生たち。このグループは「コーヒー」(ASEAN事務局撮影)
グループに分かれて商品開発する院生たち。このグループは「コーヒー」(ASEAN事務局撮影)

ラマダン(断食月)中なので、昼休みも食事なしで、みな熱心に取り組んでいた。

そして、5つのチームが順番にプレゼンテーションを行った。

プレゼンテーションする院生たち(ASEAN事務局撮影)
プレゼンテーションする院生たち(ASEAN事務局撮影)

中には日本語で話し、日本語で挨拶するチームも・・・・(コーヒーチーム)。

日本語で挨拶のプレゼンテーションを作ったチーム(ASEAN事務局)
日本語で挨拶のプレゼンテーションを作ったチーム(ASEAN事務局)

生徒たちからは熱心な質問も次々寄せられた。

他チームの発表に対し、質問する院生たち(ASEAN事務局撮影)
他チームの発表に対し、質問する院生たち(ASEAN事務局撮影)

日本の青森県や愛知県に長く住んでいた経験を持つ、通訳のデディさんが、日本語からインドネシア語に訳してくれた。

インドネシア語・日本語の通訳のデディさん(右)(ASEAN事務局撮影)
インドネシア語・日本語の通訳のデディさん(右)(ASEAN事務局撮影)

プレゼンの結果、最優秀賞が選ばれ、コーヒーチームとマンゴーチームに、筆者が持参した日本のお菓子が進呈された(他のチームにも)。

ボゴール農科大学の院生たちとASEAN事務局(ASEAN事務局撮影)
ボゴール農科大学の院生たちとASEAN事務局(ASEAN事務局撮影)

最優秀賞受賞チームの1つ、コーヒーチームが発表した中には、これまで捨てていた規格外コーヒー豆の種を使い、アロマ(香水)を作る、という興味深いものもあった。

規格外のコーヒー豆かどうかは別にして、実際にコーヒーアロマは市販されており、大学への行き帰りの車の中に置かれていた。なかなかの香りだった。

コーヒー豆を使ったコーヒーアロマ(筆者撮影)
コーヒー豆を使ったコーヒーアロマ(筆者撮影)

香りへのこだわりが、いろんなところで感じられた。

前述のysm141@ジャワさんも、レバラン直前に市場に出回る、いい香りの花のことについて投稿しておられる。

賞味期限切れの食品、警備隊が立入検査で摘発?!

これは自分自身で確認できてはいないのだが、インドネシアでは、警備隊が立ち入り検査を実施し、賞味期限が切れている食品を摘発しているとのこと。

2019年5月16日付のじゃかるた新聞に掲載されているのを紙の新聞で読んだ。

中部ジャワ州サラティガ市警備隊(5月)15日、スーパーなど小売店で立入検査を実施、賞味期限切れの食品などを摘発した。販売量が急増するラマダン(断食月)中には賞味期限切れが増える傾向があるという。(アンタラ)

出典:2019年5月16日付 じゃかるた新聞1面

「賞味期限は美味しさの目安に過ぎないはずだがインドネシアでは摘発の対象になるのか」の旨を、じゃかるた新聞の窓口にメールで伺ったが、8日間お待ちしてお返事はなかった。じゃかるた新聞公式ツイッターアカウントにもお送りしたが、お返事はなかった。

アジア経済ニュースは、2019年5月27日付の記事で「マレーシアではラマダン中の食品ロスが一週間で20万トンにも及び、年計算では1,000万トンになる」と報じていた。

イスラム教のラマダン(断食月)期間の食品・食材の廃棄(食品ロス)が問題となっている。飲食が自由になる日没を目がけて、フードバザールと呼ばれる屋台やメニューがあちこちに出現するが、食品の50%は売れ残り処分されるそうだ。総菜や菓子などを大量に盛るビュッフェ式が廃棄に拍車を掛けているともいわれる。

食品ロスは日本が年間640万トンであるのに対し、マレーシアのラマダン期間は週20万トンと推計され、単純に年1,000万トンを超える計算となる。福祉施設に売れ残りを無償提供する「フードバンク」活動の機運も高まっているが、衛生管理の壁が立ちはだかる。

育った環境が一つの大皿を家族でシェアする大皿盛り文化だったため、バザールには親近感が沸く。が、家庭のように翌日持ち越しができないだけに、「売切れ御免」の計画調理が求められている。(丑)

出典:アジア経済ニュース 2019年5月27日付
ジャカルタ市内のスーパーで販売される、ヤギ乳の粉ミルク(筆者撮影)
ジャカルタ市内のスーパーで販売される、ヤギ乳の粉ミルク(筆者撮影)

異国の食文化への敬意を

以上、インドネシア渡航中に得られた情報を紹介した。

「食」は、単純に栄養素を摂るという行為ではなく、その国で暮らす人の考え方や文化そのものである。

食品ロスの観点で言えば、他の国では捨てているけれども日本では食べられているものもあるし、その逆もある。

単純に「捨てている→だから悪い」とは言いきれない。そこには違う考え方があるかもしれないからだ。

自国とは違う食文化を尊重し、理解する努力をしていきたい。

謝辞:インドネシアの写真掲載をご快諾頂いたysm141@ジャワさんに感謝申し上げます。