バレンタインチョコ殺到する方、くまモン見習って!フードバンクやおてらおやつクラブを通し子どもへ寄付を

(写真:アフロ)

2017年のバレンタインデーには533個、2018年には581個のチョコレートが殺到したという、人気者のくまモン。2019年1月23日付の熊本日日新聞社の記事によれば、香港や台湾など、海外からも届くそうだ。

2019年1月24日付のTBS NEWSによれば、2018年は「全部食べるモン」と話していたのが、2019年は、その一部を、フードバンク熊本など、活用される団体へ寄付するそうだ。

くまモンオフィシャルサイトで2019年1月21日に発表している。

毎年、くまモンへたくさんのチョコレートをいただき感謝申し上げます。

いただきましたチョコレートにつきましては、くまモンがおいしくいただきますが、

くまモンのメタボ解消とくまモンの「くまもとのお友達の役に立ちたかモン!」との想いに応えるため、一部のチョコレートにつきましては、フードバンク熊本へ、くまモンからお裾分けをしたいと考えています。

皆さまのご理解をお願いいたします。

なお、チョコレートをくださった方で、ご住所、お名前がわかる方につきましては、くまモンからお返しのメッセージカードをお送りいたします。

出典:くまモンオフィシャルサイト

熊本日日新聞もこれを報じている。

2月14日のバレンタインデーを前に、昨年も600個近いチョコをもらったモテモテのくまモンが、今年は、もらったチョコの一部を、一人親家庭や子ども食堂、児童施設などに食料支援する「フードバンク事業」に充てると表明、ファンの理解を求めている。

出典:2019年1月23日付 熊本日日新聞

著名人など、チョコをたくさん受け取る方も、処分しないでぜひ寄付を

タレントなど、著名人の事務所にも、毎年、大量のチョコレートが届くという。そんな時、処分しないで、ぜひ、寄付を考えて欲しい。

寄付先は、下記に挙げたような、子ども関係の施設にお願いできればと願っている(下記は、ほんの一部)。

フードバンク 

ビッグイシュー 全国フードバンク一覧(2017年10月現在)

農林水産省 フードバンク

フードバンクで扱う食品の一例(撮影:島田幸治)
フードバンクで扱う食品の一例(撮影:島田幸治)

おてらおやつクラブ

おてらおやつクラブ 公式サイト

おてらおやつクラブのロゴ(おてらおやつクラブ公式サイトより)
おてらおやつクラブのロゴ(おてらおやつクラブ公式サイトより)

こども食堂

こども食堂ネットワーク

こども宅食

こども宅食 公式サイト

こども宅食 文京区での記者会見(中央は成澤区長、筆者撮影)
こども宅食 文京区での記者会見(中央は成澤区長、筆者撮影)

2019年1月14日にはNHK プロフェッショナル 仕事の流儀に出演(27日再放送)

くまモンは、2019年1月14日に放映された、NHK プロフェッショナル仕事の流儀に出演した(2019年1月27日再放送)。

筆者は、これを見てから、くまモンの人間性(くま性?)に魅せられ、手持ちのTポイントカードをくまモン仕様のものに変えた。

くまモンのTポイントカード
くまモンのTポイントカード

日持ちする食べ物は、処分しないで、ぜひシェアを

日持ちのしない恵方巻きと異なり、チョコレートの場合、賞味期限が6ヶ月以上あるものが多いので、高温高湿でない環境下で保管してあれば、バレンタイン当日が過ぎても食べることができる。

「カビ」を心配される方も、チョコレートは、おおむね、水分量3%以下なので、外から水分などが入らない限りは大丈夫だ(水分量が10%を超える生チョコレートを除く)。

お菓子は「二の次」にされやすいが、栄養素やエネルギーを必要とする成長期のこどもたちにとって、おやつは「第四の食事」とも言われる。

毎年、全国で処分されているバレンタインのチョコレートが、おやつを必要とする子どもたちに少しでも届いて欲しい。

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン(株)、青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。311食料支援で廃棄に衝撃を受け誕生日を冠した(株)office3.11設立。「食品ロス削減推進法」成立に協力した。世界資源研究所(WRI)とオランダ政府が運営し食品ロス削減を目指すチャンピオン12.3メンバー。著書に『賞味期限のウソ』『食品ロスをなくしたら1か月5000円の得』。食品ロスを全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門/Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞

有料ニュースの定期購読

食品ロス問題ジャーナリスト・井出留美のSDGs世界最新レポートサンプル記事
月額900円(初月無料)
月2回程度
気候変動が深刻化し、SDGs(持続可能な開発目標)が注目されていますが、対応に悩む企業も多いです。著者は企業広報に14年半、NPO広報に3年従事の後、執筆や講演を通して食品ロス問題を全国に広め、数々の賞を受賞しました。SDGsが掲げる17目標のうち、貧困や飢餓、水・衛生、生産・消費など、多くの課題に関わる食品ロスの視点から、国内外の事例を紹介し、コスト削減や働き方改革も見据え、何から取り組むべきか考えます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。