全国に眠っているお米を寄付して 文京区のこども宅食が全国展開へ 食はコミュニケーションツールの役割も

11月28日厚生労働省記者クラブで開催された記者会見(こども宅食応援団提供)

2017年7月、東京都文京区で始まった、子どもの食の支援プロジェクト「こども宅食」。。生活が厳しい家庭に、定期的に食品を届ける事業である。ふるさと納税による寄付や、企業からの寄付食品などを活用し、現在は550世帯以上の親子に食品を提供している。

文京区「こども宅食」は、いわゆるコンソーシアムである。東京都文京区を始めとした6団体が、平等な形でつながって、事業に携わっている。筆者はこのプロジェクトの、食の分野に関するアドバイザーを務めている。

文京区「こども宅食」の事業運営スキーム(こども宅食応援団提供)
文京区「こども宅食」の事業運営スキーム(こども宅食応援団提供)

このたび、この「こども宅食」が全国展開される運びとなった。一般社団法人こども宅食応援団(佐賀県佐賀市)を設立し、資金調達にはふるさと納税制度を活用し、返礼品は用意せず、全てを事業推進に活用するという。2018年11月28日には厚生労働省記者クラブで、事業についての記者会見が開催された。

なぜ佐賀県?

ところで、なぜ「佐賀県」なのだろう? 

佐賀県は、県外の組織、CSO(Civil Society Organizations)を誘致しているのだそうだ。これにより、人材の流入や雇用を生み出している。また、人との交流を通じて、事業拡大や、新たな事業を生み出してもいる。いわば「NPO 先進地区」だそうだ。

文京区こども宅食の利用者の86%が「気持ちが前向きに変化した」と回答

官民協働の新しい社会変革の手法は「コレクティブ・インパクト」(略してCI)と呼ばれる。このコレクティブ・インパクトを用いたモデル事業である文京区の「こども宅食」では、支援を受ける家庭とのコミュニケーションのツールとして、スマートフォンなどのアプリケーションであるLINE(ライン)を活用した。

紙での申し込みより面倒ではなく、今の子育て世代には馴染んでいることも相まって、応募は予想を上回る数となった。

こども宅食の利用者のうち、86%が、支援を受ける前と比較し、気持ちが前向きに変化した(気持ちが豊 かになった、社会との繋がりを感じられるようになった)と回答している。

こども宅食の支援を受ける前と比較しての暮らしの変化(こども宅食応援団提供)
こども宅食の支援を受ける前と比較しての暮らしの変化(こども宅食応援団提供)

食が「コミュニケーションツール」となり、親子の危機を救う

食の支援では、食の提供が栄養素として物理的に役立つだけでなく、食品が「コミュニケーションツール」となり、その世帯が抱えている問題や危機を見出し、深刻な状態に陥るのを未然に防ぐ役割も果たす。

この「食がコミュニケーションツールとなる」という経験は、筆者の場合、東日本大震災の支援で得た。ただ単に仮設住宅を訪問しても、扉を開いてはもらえない。だが、支援食品を持っていくと、それがきっかけとなり、その家庭と繋がるすべ(手段)が出来る。

文京区のこども宅食でも、宅配で訪問することで、その家庭とコミュニケーションをとることができ、DV(ドメスティック・バイオレンス:家庭内暴力)や、その他のリスクなど、問題を見出し、深刻化するのを防ぐことが可能となった。

文京区のこども宅食ではDVやリスクを見出すことが可能となった(こども宅食応援団提供)
文京区のこども宅食ではDVやリスクを見出すことが可能となった(こども宅食応援団提供)

全国に眠っているお米を食品ロスにしないで、ぜひ寄付を

2018年4月24日に開催された、文京区こども宅食の記者会見では、文京区の成澤廣修(なりさわ・ひろのぶ)区長が次のように呼びかけた。

食品は、主食となる米(コメ)がキモとなる。地方自治体では、米(コメ)余りという状況があると聞いている。マスコミの皆さんからも「捨てたり飼料にしたりするならぜひ寄付して欲しい」と伝えて頂きたい。

出典:文京区、成澤廣修区長の、2018年4月24日の記者会見での言葉
2018年4月24日、記者会見での文京区、成澤廣修区長(撮影:菊川恵氏)
2018年4月24日、記者会見での文京区、成澤廣修区長(撮影:菊川恵氏)

実際には、お米だけでなく、多くの農産物も、生産調整の名のもとに廃棄され、規格外などの理由で流通しないものが多くある。

生活が苦しい家庭では、加工食品はもちろん、お米や農産物などもありがたい。ぜひ、これを機会に、眠っているお米などがあれば、食品ロス(フードロス)にしないで、必要なところへ活用されることを願っている。

「食」は、命をつなぐものであると共に、支援を必要とする人とのコミュニケーションツールにもなるのだ。

関連資料

子どもの貧困の第一人者が高く評価する「文京区こども宅食」 区長「お米(コメ)処分しないでぜひ寄付を」

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)、修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン(株)青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。311食料支援で食料廃棄に憤りを覚え、誕生日を冠した(株)office3.11設立。日本初のフードバンクの広報を委託され、PRアワードグランプリソーシャルコミュニケーション部門最優秀賞へと導いた。『食品ロスをなくしたら1か月5,000円の得』『賞味期限のウソ』。食品ロス問題を全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして2018年、第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門受賞。Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞

有料ニュースの定期購読

食品ロス問題ジャーナリスト・井出留美のSDGs世界最新レポートサンプル記事
月額900円(初月無料)
月2回程度
気候変動が深刻化し、SDGs(持続可能な開発目標)が注目されていますが、対応に悩む企業も多いです。著者は企業広報に14年半、NPO広報に3年従事の後、執筆や講演を通して食品ロス問題を全国に広め、数々の賞を受賞しました。SDGsが掲げる17目標のうち、貧困や飢餓、水・衛生、生産・消費など、多くの課題に関わる食品ロスの視点から、国内外の事例を紹介し、コスト削減や働き方改革も見据え、何から取り組むべきか考えます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。