「店の売れ残りで冷蔵庫パンパン」 コンビニオーナーの自宅に潜入

2017年から縁あってコンビニ関係者の方に取材を続けている。その中で、「売れ残って余った食品が自宅の冷蔵庫にパンパンに詰まっている」「捨てるのもったいないから専用の冷蔵庫を買って、おにぎりとか弁当を冷凍して置いてある」などといった声を聞いてきた。オーナーの自宅冷蔵庫は、コンビニで売れ残った食品で本当にパンパンに詰まっているのだろうか。今回、大手コンビニ加盟店でオーナーを務める方の自宅を訪問し、冷蔵庫の中身を見せてもらう機会を得た。

「近くで見てて、こんな大変な商売はない」

大手コンビニ加盟店でオーナーを務めるQさん。取材で訪れたこの日、昼だけで、4~5kg分の弁当、おにぎり、サンドウィッチ、パンなどを捨てたという。

大手コンビニ加盟店でオーナーを務めるQさんが捨てたパンや惣菜類(写真:Qさん提供)
大手コンビニ加盟店でオーナーを務めるQさんが捨てたパンや惣菜類(写真:Qさん提供)

ごみ袋は、70リットルの大きなサイズを使っており、「だいたい、1日に2枚は使う」そう。

Qさんのお母様にもお会いした。お母様は「近くで見てて、こんな大変な商売はない」と語る。

肉まん、フライ類、弁当の廃棄が多い

「どんなものの廃棄が多いですか?」とQさんに聞いた。

肉まん、フライ(もの)、弁当が多い。パンも多い。(消費期限の2時間手前にある販売期限の)時間がくると、弁当は(レジを)通らない。

肉まんは、時間が経つと、硬くなったり、べちゃっとなったりする。(コンビニ)本部からは「置いてくれ」と言われるが、出し過ぎると廃棄になるから、1個ずつしか(温める機械に)入れない。そうすると、お客さんから「なんで1個しかないの?」と言われる。

出典:大手コンビニ加盟店Qさんの言葉

弁当やおにぎりは、消費期限の切れる2時間前に棚から下げてしまう決まりだ。サンドウィッチも消費期限が切れる3時間手前で棚から撤去する。おにぎりを割引するセールの時には、大量に廃棄になる。

Qさんが捨てた麺類や弁当など(写真:Qさん提供、筆者が白黒加工)
Qさんが捨てた麺類や弁当など(写真:Qさん提供、筆者が白黒加工)

「本部からは1ヶ月30万の廃棄を指示されるがそれ以上捨てている」

コンビニ本部からは、1日1万(円分)の廃棄を指示されるという。つまり、1ヶ月あたり、30万円分の食料を廃棄するということだ。だが実際にはそれ以上捨てているとQさんは話す。

廃棄が多い肉まん、フライもの、弁当のほか、デザート類も全然売れなくて捨てることが多い。シュークリームなど、本部からは納品を指示されるが、「全然売れない」。

売れない。けれど、「1日、6便、食べ物が運ばれてくる」。弁当やパン、加工食品、冷凍食品など、カテゴリ別に運ばれてくる。

Qさんが捨てた食品の一部(写真:Qさん提供、筆者が白黒加工)
Qさんが捨てた食品の一部(写真:Qさん提供、筆者が白黒加工)

「お客さんがこれ欲しいと言って入れても来ない」

お客さんから「これが欲しいから(店に)入れて」と言われ、リクエストに答えて入れたものの、そのお客さんが来ないこともあった。待てど暮らせど来ないから、もう入れるのをやめた。そしたらお客さんがやってきて「無い」と不満をいう。

Qさんが捨てた食品の一部(写真:Qさん提供、筆者が白黒加工)
Qさんが捨てた食品の一部(写真:Qさん提供、筆者が白黒加工)

売れ残った食品をオーナーが私用で使うことについて

自宅の冷蔵庫は、売れ残った食品で一杯だった。

Qさんの自宅の冷蔵庫(写真:Qさん提供)
Qさんの自宅の冷蔵庫(写真:Qさん提供)

このように、コンビニで売れ残った食品を、オーナーが自宅で消費することについて、コンビニ本部とオーナーが締結した契約書ではどう書いてあるのだろうか。

Qさんが加盟するのとは別の、大手コンビニ加盟店でオーナーを務めるPさんに聞いた。

うちの契約書には書いていない。でも、時々、店を訪問する営業社員からは「好ましくない」とは言われる。税法上、現物供与に当たるから、好ましくはないのだ、と。

ただ、一方で、本部からは「自分で買い取ったもので食いつなぎなさい」といった趣旨のことも言われる。そもそもオーナーが買い取ったものだから、所有権はオーナーにある。

出典:大手コンビニ加盟店でオーナーを務めるPさん

Pさんは、「捨てるべき食品を食って生きろと言うのか?それに対してオーナーたちは憤りを感じないのか?」とも語った。

Qさんの自宅の流し。余ったのを食べて、それでも食べきれないものは廃棄する(Qさん提供)
Qさんの自宅の流し。余ったのを食べて、それでも食べきれないものは廃棄する(Qさん提供)

売れ残りを食べ、結果的には肥満体に

Pさんは語る。

(だんだん、捨てることに対して)麻痺してくる。当たり前になってくる。それでも良心の呵責はあるから、少しでも(売れ残りを)食べて胃袋に収める。結果として、肥満体になる。

深夜勤務の人なんて、見事なたいこ腹をしてますよ。

まあ、廃棄済みの食品を食べることで、食品廃棄が減ることに貢献はできます。

出典:大手コンビニ加盟店でオーナーを務めるPさんの言葉

Pさん曰く、肥満はコンビニオーナーの職業病だと言う。

スーパー幹部は「見切りはOK。廃棄はダメ」

土屋トカチ監督の映画『コンビニの秘密』によれば、全国55,000店舗あるコンビニのうち、弁当などのいわゆるデイリー食品で見切り(値段を割り引いて)販売をしているのは、1%程度に過ぎない。

ある大手スーパーの経営陣であるVさんに、見切りについてどう考えるのかを聞いた。

見切りはOK。廃棄はダメ。

見切りは武器。上手に使うこと。

食品の原価は大体76%くらいで、粗利が24%くらい。やり方によっては、売値を変える(下げる)ことで、集客できる。

出典:大手スーパーの経営陣、Vさんの言葉

ただ、見切り販売で売り切る努力をしていても、この企業全体では、年間、億単位の食品廃棄が出ているそうだ。まして、見切り販売をしない場合、廃棄は全国でどれほどの金額になるのか。

全国のコンビニで廃棄される量は「弁当にして1日あたり90万個から150万個」

筆者が前に取材して書いた記事の、1日当たりのコンビニの廃棄量を、弁当1個を400gとして計算した。すると、全国のコンビニで廃棄される量は、1日あたり90万個から150万個と試算された。

念のため、Pさんにも聞いて、試算してもらった。およそ120万個だという結果だった。

弁護士の意見

このような状況を変えようとして、申し入れをしているコンビニオーナーもいる。

コンビニ最大手、セブン-イレブン・ジャパンがオーナーと締結している、加盟店基本契約書の第57条には、改定条項があるという。5年ごとに加盟者の意見を聞いて改定することになっている。

コンビニ最大手、セブン-イレブン・ジャパンがオーナーと締結している加盟店基本契約書の表紙の写真(コンビニオーナー提供)
コンビニ最大手、セブン-イレブン・ジャパンがオーナーと締結している加盟店基本契約書の表紙の写真(コンビニオーナー提供)

前述の『コンビニの秘密』にも出演している、中野和子弁護士の意見を聞いた。

57条に改定条項があり、5年毎に加盟者の意見を聞いて改定することになっていますが、改定を求めても応じないのは債務不履行だと考えています。

出典:中野和子弁護士の意見

「食べられるものは食べるのが当たり前」なはずなのに・・・

家庭で作った食べ物は、基本的には、食べるのが当たり前だろう。「さあ、ごみ箱に捨てるために今から1日かけて料理しよう!」という人は、今のところ、聞いたことがない。だが、事業活動になると、なぜ、1日どころか1ヶ月も数ヶ月もかけて作って、運ばれてきた食品が、当然のように捨てられるのだろうか。

関連記事:

「見切り販売はしたほうが儲かる」 コンビニ11店の損益計算書を分析

コンビニ加盟店の苦境、人件費高騰のうえ外国人店員確保も不透明化(ダイヤモンド・オンライン 2018年8月27日付)