賞味期限が過ぎたらすぐ捨てる?

生ハム(筆者撮影)

「食品ロスの論文を執筆します」という高校生の方からお手紙をいただいた。賞味期限が理由で廃棄される食品はどのくらいの割合か、についてのご質問だった。

食品ロスの発生場所には、家庭と事業者の双方がある。事業者になると、賞味期限を元に定められた「販売期限」や「納品期限」などの「3分の1ルール」という商慣習がある。広義では、これらも「賞味期限が理由で廃棄された」ことになるのかもしれない。

家庭内ではどうだろうか。先日、NHKの「Nらじ」という番組に生出演した。放送の前の打ち合わせでも、「消費者は、賞味期限が理由で捨てる人がどれくらいいるのでしょう?」という話になった。

調査対象者の50%が「賞味期限・消費期限過ぎたら捨てる」

担当者の方は、政府広報オンラインに掲載されている、農林水産省「平成21年度食品ロス統計調査(世帯調査)」(複数回答による)のデータを示された。

農林水産省「平成21年度食品ロス統計調査(世帯調査)」(複数回答による)
農林水産省「平成21年度食品ロス統計調査(世帯調査)」(複数回答による)

「消費期限」と「賞味期限」が一緒くたになっているのは惜しいが、50%ぐらいの人が「過ぎたら捨てる」と回答している。

同様のアンケート調査は、近年も行われており、50%より小さい数値が出ているものもある。

「女性の方が期限切れのものを食べる割合が多い」という結果も

2017年、インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEが行った賞味期限・消費期限に関する調査によれば、期限切れのものを食べるという割合は、男性より女性の方が多いという結果も出ている。

筆者の感触では、人による、という感じである。男性でも、賞味期限が過ぎても食べるという人はいるし、逆に女性の配偶者やパートナーの、賞味期限厳守の姿勢に悩まされているという話も聞く。

在庫の有無をチェックする人の方がロスが少ない

兵庫県神戸市が2018年4月12日に発表した、食品ロス調査によれば、家の在庫をきちんと確認する人ほど、食品ロスの発生量は少なくなっている。調査結果では触れられていないが、在庫の有無はもちろん、いつまで持つかという「賞味期限」についても、おそらくチェックされているであろうと予想される。

兵庫県神戸市による「食品ロス実態調査」の結果概要(2018年4月12日発表資料より)
兵庫県神戸市による「食品ロス実態調査」の結果概要(2018年4月12日発表資料より)

消費期限は「消費する期限」賞味期限は「おいしさの目安」

2018年7月25日に生出演した、J-WaveのSTEP ONEでは、「食品を購入する時、賞味期限をチェックしますか?」というアンケート調査を行った(n=326、2018年7月25日から26日まで実施)。

326名が回答した。45%が「必ずチェックする」、49%が「品物による」、6%が「全くチェックしない」という結果になった。

J-Wave「STEP ONE」が行った「賞味期限チェックしますか」のアンケート結果(番組公式サイトより)
J-Wave「STEP ONE」が行った「賞味期限チェックしますか」のアンケート結果(番組公式サイトより)

賞味期限はおいしさの目安である、ということが、もっと広く浸透して欲しいと願っている。

賞味期限と消費期限のイメージ(農林水産省HPより)
賞味期限と消費期限のイメージ(農林水産省HPより)

参考資料

NHKラジオ「Nらじ」2018年7月24日19:30放送 「食品ロス大国 無駄を減らすには」(聴き逃しサービス)

農林水産省 食品ロス統計調査

神戸市で一歩踏み込んだ「食品ロス実態調査」を実施しました(結果報告) ~約700世帯の市民モニターと全国初の「食品ロスダイアリー」による調査を実施~

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)、修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン(株)青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。311食料支援で食料廃棄に憤りを覚え、誕生日を冠した(株)office3.11設立。日本初のフードバンクの広報を委託され、PRアワードグランプリソーシャルコミュニケーション部門最優秀賞へと導いた。『食品ロスをなくしたら1か月5,000円の得』『賞味期限のウソ』。食品ロス問題を全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして2018年、第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門受賞。Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞

有料ニュースの定期購読

食品ロス問題ジャーナリスト・井出留美のSDGs世界最新レポートサンプル記事
月額900円(初月無料)
月2回程度
気候変動が深刻化し、SDGs(持続可能な開発目標)が注目されていますが、対応に悩む企業も多いです。著者は企業広報に14年半、NPO広報に3年従事の後、執筆や講演を通して食品ロス問題を全国に広め、数々の賞を受賞しました。SDGsが掲げる17目標のうち、貧困や飢餓、水・衛生、生産・消費など、多くの課題に関わる食品ロスの視点から、国内外の事例を紹介し、コスト削減や働き方改革も見据え、何から取り組むべきか考えます。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ