6月18日は「おにぎりの日」。国民全員が毎日「おにぎり」捨てている

Yahoo!ニュース個人の選択画像から選んだ写真( )

6月18日はおにぎりの日。1987年、日本最古のおにぎりの化石が石川県旧鹿(ろく:6)西(せい)町の遺跡で発見され、米という文字を分解すると十と八(18)になることから制定されたそうだ。

「おにぎり」は、食品ロス問題を語る時、よく引き合いに出される。

日本で発生する年間の食品ロス量は646万トン。これを一人一日あたりに換算すると、139g。農林水産省の資料「食品ロスの削減に向けて」では「茶碗約1杯のご飯の量に相当」と表現されている。

農林水産省「食品ロスの削減に向けて」p7より引用
農林水産省「食品ロスの削減に向けて」p7より引用

筆者は、食品ロスの講演をする時、この量を「おにぎり1個分」と表現している。われわれ全員が、毎日、おにぎり1個分の食べ物をごみ箱に放り込んでいるんだ、と。

そして、2007年に餓死した男性が書き残した言葉が「おにぎり食べたい」だったことを紹介する(原文では「オニギリ食いたい」)。

2007年7月10日、北九州市で独り暮らしをしていた、元タクシー運転手の男性(52歳)が自宅で亡くなっているのが発見された。生活保護は、その年の4月に受給廃止になっていた(朝日新聞 2007年7月11日付 東京夕刊17ページ)。

「食品ロス減らしても飢餓はなくならない」という意見も

食品ロスをテーマに活動していると、「何のために減らすの?」「減らしたって飢餓はなくならない」という意見を耳にする。

先日、「なぜ減らすのと聞かれて上手く説明できない。どう説明しますか?」とツイッターを通して聞かれ、東日本大震災の時、1個のおにぎりを家族4人で分け合った話を引き合いに出した。実際の話だ。

家族だったら、そして食べ物が限られていれば、分け合う。捨てない。

もし、地球上の人たちが1つの家族だったら、と考えれば。食べ物が限られていれば、やはり、捨てないで分け合うだろう。

地球の環境を守るイメージ(画像:iStock)
地球の環境を守るイメージ(画像:iStock)

6月18日は、おにぎりの日。この機会に、わたし達が毎日捨てているおにぎり1個分の食べ物に、思いを馳せてみて欲しい。

参考記事:

52歳の男性が最期に食べたかったおにぎり  国民全員が毎日同じ量を捨てている事実

農林水産省「食品ロスの削減に向けて」

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)、修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン、青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。3.11食料支援で廃棄に衝撃を受け誕生日を冠した(株)office3.11設立。食品ロス削減推進法成立に協力した。Champions12.3メンバー。著書に『食料危機』『あるものでまかなう生活』『賞味期限のウソ』『捨てられる食べものたち』他。食品ロスを全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門/Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018/第一回食品ロス削減推進大賞消費者庁長官賞受賞。

有料ニュースの定期購読

メディアが報じない世界の食品ロス情報 SDGs世界最新レポートサンプル記事
月額220円(初月無料)
月1回程度
食品ロス対策や省資源化について、日本の報道は「食料が余る前提」の表面的な内容に偏っています。SDGs世界ランキング上位を占める北欧や欧州はどのような取り組みを行っているのか。食品ロス問題を全国的に広め数々の賞を受賞した筆者が、国際組織から入手する情報を含め、日本メディアが報じない「ここでしか知ることのできない食品ロス問題最新動向」を提供します。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。