6月3日は乾物カレーの日

DRYandPEACEの考案した乾物カレー。戻し汁を煮詰めて作る

「食品ロス」と聞いて、すぐに「乾物」を思い浮かべる人は少ないかもしれない。家庭の冷蔵庫の中で、気づいたら傷んでいた・・ということが多い野菜類。これを乾燥させることにより、日持ちがぐんと長くなり、ロスにしてしまうことを少なくできる。たとえば、えのきだけ。乾燥させると、だしの代わりとしても使うことができる(実際、乾燥えのきだけは、長野県など、市販されている地域もある)。乾物を日常生活に取り入れることで、食品やエネルギーの無駄をなくすことができる。

イベントで乾物カレーを提供するサカイ優佳子さん(左)と田平恵美さん(右)
イベントで乾物カレーを提供するサカイ優佳子さん(左)と田平恵美さん(右)

「乾物で世界をもっとPEACEに!」を理念に掲げるDRYandPEACE(ドライアンドピース)のサカイ優佳子さんと田平恵美さん。2002年、五感を重視した食育ワークショップ「食の探偵団」を立ち上げて以来、食に関わる活動を続けてきた。そんな中、乾物は未来の重要な食であると気づき、折しも東日本大震災が発生。日持ちのする乾物は、常時のみならず、非常時にも重要な役割を果たすことに気づく。2013年1月、乾物をより普及させるべく、乾物ドライカレーパンプロジェクトを立ち上げた。同年7月に(社)DRYandPEACEを設立、2015年6月には乾物をヨーグルトでもどす方法を考案し、発表した。『毎日食べたい乾物ヨーグルトレシピ決定版』(世界文化社)はじめ、複数の著書を上梓している。

DRYandPEACEのお二人が上梓された著書『毎日食べたい乾物ヨーグルトレシピ決定版』(世界文化社)
DRYandPEACEのお二人が上梓された著書『毎日食べたい乾物ヨーグルトレシピ決定版』(世界文化社)

サカイさんと田平さんのお二人が発起人となり、6月の第一土曜日を「乾物カレーの日」とするプロジェクトを立ち上げた。日本では、古くから「乾物は梅雨の前に使いきれ」と言われており、古来の習慣に倣い、6月の最初の週末に乾物を使ったカレーを食べながら、未来の食に思いを馳せる。

DRYandPEACEが考案した写真の「乾物カレー」は、切り干し大根、干し椎茸、レーズン、切り干し人参が使われている。戻し汁を使って煮詰めていく。上にかかっている赤いサルサソースには、乾物であるドライマンゴーを刻んで入れてある。奥に添えてあるサラダは、2月の節分などで余りやすい乾燥大豆をヨーグルトに浸けて戻し、玉ねぎのみじん切りを加えて、レモン、塩、胡椒で味付けしてある。

DRYandPEACEによる乾物カレーは乾物の戻し汁も無駄にしていない(DRYandPEACE提供)
DRYandPEACEによる乾物カレーは乾物の戻し汁も無駄にしていない(DRYandPEACE提供)

下の写真の左側は、切り干し人参。写真の右側の大きさの人参が、なんと9本分も入っている。

サカイさんのご友人が撮影された、切り干し人参と生の人参(DRYandPEACE提供)
サカイさんのご友人が撮影された、切り干し人参と生の人参(DRYandPEACE提供)

乾物を使ったキーマカレーやカレーパンなど、首都圏を中心とした全国(一部、海外も)の約40店舗が、この「乾物カレーの日」プロジェクトに参加する。売上の一部は、砂漠の緑地化を進める一般社団法人 地球緑地化クラブに寄付される。

参加店舗の一つが、小野美穂さんのベジドレ工房 もったいない食堂。小野さんのベジドレ工房は、普段は調味料製造やケータリングを主体としている。今回、プロジェクトの趣旨に共感し、乾物カレーの日である6月3日(土)だけ、特別にレストランをオープンするとのこと。

ベジドレ工房の小野美穂さん
ベジドレ工房の小野美穂さん

今回、小野さんがご提供されるのは、ベジドレパクチーを作るときに廃棄される、パクチーの根っこの部分を乾燥させて保存し、カレーに入れる、パク根カレー。

「ベジドレ工房」小野美穂さんの「パク根カレー」
「ベジドレ工房」小野美穂さんの「パク根カレー」

野菜の皮も捨てないで「ベジブロス」(野菜の皮などを使った だし)にしている。

小野さんは、野菜の皮も捨てずに「ベジブロス」(野菜の皮などから作るだし)として活用
小野さんは、野菜の皮も捨てずに「ベジブロス」(野菜の皮などから作るだし)として活用

ケータリングでビネガーシロップを作ったときの副産物、酢漬けのセロリや苺は、チャツネ代わりにした。(チャツネ:野菜や果物に香辛料を加えて作るソースやペースト状態の調味料)

小野さんがケータリングでビネガーシロップを作ったときの苺
小野さんがケータリングでビネガーシロップを作ったときの苺
小野さんがビネガーシロップを作ったときの副産物、酢漬けのセロリ
小野さんがビネガーシロップを作ったときの副産物、酢漬けのセロリ

普段から、仕入れ過ぎた野菜や、トマトの上下の部分などは、乾燥させて、無駄にせずに活用していると言う。今回のカレーには、パクチーの根っこのほか、ドライトマトや玉ねぎ、マッシュルームなどを使用している。

小野さんは、乾燥させたトマトの上下の部分や、仕入れ過ぎた野菜の一部を乾燥させて使う
小野さんは、乾燥させたトマトの上下の部分や、仕入れ過ぎた野菜の一部を乾燥させて使う

私が主宰している「食品ロス削減検討チーム川口」の副会長で、川口銀座商店街振興組合理事長でもある、株式会社Ocalan(オカラン)の代表、坂巻達也さん。坂巻さんは、3年間かけて、おからと豆乳を使った低糖質でグルテンフリーのお菓子、ocalan(オカラン)を開発した。

おからと豆乳を使ったお菓子「ocalan(オカラン)」(写真:乾物カレーの日サイトより)
おからと豆乳を使ったお菓子「ocalan(オカラン)」(写真:乾物カレーの日サイトより)

(株)Ocalanは、今回、乾物ドライカレーパンと、ドライトマト入りカレー味のオカランを、6月3日(土)に販売する。

2016年10月、川口市で開催された食品ロス削減シンポジウムで販売され好評だった乾物ドライカレーパン(写真:乾物カレーの日サイトより)
2016年10月、川口市で開催された食品ロス削減シンポジウムで販売され好評だった乾物ドライカレーパン(写真:乾物カレーの日サイトより)

「乾物カレーの日」プロジェクトに協力してくださるお店は、40店舗近くある。ぜひこの機会に、立ち寄って頂けること、乾物を通して未来の食を考える機会になることを願っている。