ネクスト4の活躍であぶり出された全日本男子バレーの課題

9月8日から16日間に渡り開催されたワールドカップバレーボール2015男子大会が23日、閉幕した。戦前は苦しい展開が予測された日本だが5勝6敗、11チーム中6位と、予想を覆す成績で大会を終えた。大阪ラウンドの終了時点で3位以下が確定し、上位2チームに与えられるリオ・オリンピックの出場権獲得は叶わなかったが、今大会、10勝1敗で優勝したアメリカ(世界ランキング5位)や2014年の世界選手権で優勝したポーランド(世界ランキング3位)からそれぞれ1セットを奪い、ロンドン五輪の金メダリストであるロシア(世界ランキング2位)とはフルセットの熱戦を繰り広げた。近年の全日本男子の低迷ぶりを見れば、その試合内容は充実したものであり、健闘と表現していいだろう。

話題性だけではないネクスト4の真価

当初、次世代を担う若手選手4名の愛称として南部正司監督の口から「ネクスト4」というネーミングが発表されたときには正直、困惑した。もちろん彼らのポテンシャルの高さは見聞きしていたが、あまり過度の期待はせずに、少し離れた場所から冷めた目で見ていたと思う。メディアによって持ち上げることで、見ている人のハードルを上げてしまうと、あとがつらい。いざ大会が始まり、彼らの活躍が周囲の期待の大きさに見合わなかったとき、たとえばそれが現時点でのありのままの姿だったとしても、期待値を上げた分、落胆はより大きくなるからだ。しかしそんな懸念をよそに石川祐希、柳田将洋、山内晶大の3名は期待にたがわぬ活躍を見せてくれた。

特に柳田、石川はポイントを奪えるサーブはもちろん、ブロックが3人ついたときでもスパイクを打てる幅が広く、ブロッカーとネットの間に吸い込ませるよう打つ技術や、ブロックの間を抜いてレシーバーの前に落とす観察眼などを備えている。ポーランドのバルトシュ・クレクが会見で「テクニックに関しては完璧なプレーヤー」と2人について語ったが、おそらくリップサービスではなく、本当の評価だろう。23歳の柳田、19歳の石川という両選手の台頭が東京五輪に向けての明るい材料になったことは言うまでもない。

ただし柳田、石川の2人が活躍すればするほど、全日本チーム全体の「課題」も浮き彫りになった。

どちらかが調子を落とし、ベンチに下がったときの攻撃力のダウンである。

攻撃力のダウンをどうとらえるか

柳田に代わり守備固めで起用されることが多かった米山裕太は東レ・アローズではもちろんバックアタックも打つ。米山自身もレシーブで崩されていないケースでは助走に入り、スパイクを打つ準備をしていた。

「(米山さんは)途中から入ってくるので、なかなか厳しい。でも練習では普通にバックアタックを打っているし、コンビも合わせている。米山さんに上げたくないわけではないし、怖いわけでもなくて、単にレシーブに集中してもらっているので、そういう状況を考えて使わなくていいかなと…」

セッターの深津英臣はこう言ったが、たった後衛の3ローテ―ションとはいえ、そこで確実にサイドアウトを取らなければ点差は開く。取れるセット、勝てる試合を逃す「ほころび」にもなりかねないだろう。

後衛の攻撃参加についてはウィングスパイカーだけの問題ではない。チーム全体として「どのローテーションでもバックアタックを使う」という共通意識がなければ、得点力をサイドの攻撃に頼っていた昨年度の全日本と何ら変わらない。

最終日の試合後、記者会見で「来年5月に開催される世界最終予選に向けて選手の入れ替えはあるのか」と尋ねられた南部監督はこう答えた。

「Vリーグを見て現メンバーに勝るものがある選手がいれば入れ替えはあるし、上回る選手がいなければ、このままのメンバーを海外遠征で強化する。スタッフと話し合って、年明けごろまでには最終決定したい」

ワールドカップの試合内容を分析し、南部監督がどういった判断を下すのか、今後の強化策に注目したい。

清水邦広の代わりがいない、オポジットの控え

大会を通じてもうひとつ、気になったのがオポジットの控えだ。

ネクスト4の話題に触れた際に名前を出さなかった高橋健太郎は今回、ピンチブロッカーでの出場が主だった。

「2枚替えなどはしましたが、わたしとしては局面では出せないと判断しました。彼にとっては悔しい大会になったと思います。オポジットの戦力になってもらえるよう、今後も強化していきたい」(南部監督)

全日本男子が今大会で2位以内に入り、五輪出場権を獲得することを期待していた者はほぼ、いないと言っても過言ではないだろう。そのワールドカップで起用できなかった選手を、さらに大きなプレッシャーがかかる世界最終予選でいきなり起用できるのかという疑問が残る。

全日本男子は来年5月、日本で開催される世界最終予選にてリオ五輪への切符を狙う。今回のワールドカップで上位2チームに与えられる出場権を獲得したのはアメリカとイタリア。開催国であるブラジルと、このあと各大陸で開催される予選で優勝した5チームがリオへの出場権を得ることになる。大陸予選で1位になれなかったチーム、特に強豪国がひしめくヨーロッパの数チームが最終予選に回ってくることを考慮すると、リオへの道が依然、険しいことに変わりはない。

若手の台頭で久しぶりに注目を集めた男子バレー。その盛り上がりに浮かれることなく、ワールドカップで洗い出された課題と向き合ってほしい。