市川ひろみ

京都女子大学法学部教授
同志社大学文学部、大阪大学法学部卒業。神戸大学法学研究科単位取得退学。専門は平和研究・国際関係論。東ドイツの市民運動、東西・統一ドイツの兵役拒否、個人の視点からの戦争を中心に研究を進めてきた。著書に『兵役拒否の思想─市民的不服従の理念と展開』(明石書店)。共著に『地域紛争の構図 』(晃洋書房)、『国際関係のなかの子ども』(御茶の水書房)、『人間存在の国際関係論-グローバル化のなかで考える』ほか。

記事一覧

1~11/11件 年月で絞り込む

2017年

前へ

  • 1

次へ

1~11/11件