「電話も繋がらない、テレビも見られない、情報が手に入らない」停電続く千葉県鋸南町の住民のいま

千葉県鋸南町では停電が続く地域の住民が生活再建を阻まれている(撮影・堀潤)

東京電力は11日夕方、記者会見を開き、台風15号による千葉県内の停電は約40万軒になるという見通しを発表。全面復旧は13日以降になるとしています。

そうした中、停電が続く地域の住民の皆さんは3回目の夜を迎えました。日中は酷暑、そして陽が落ちてからは熱帯夜が続き、命を落としたお年寄りもいます。冷房も入れられずに耐えるしかない住民の皆さんの被災状況は深刻です。

私はきょう、停電が続く地域の一つ、南房総にある千葉県鋸南町を訪ねました。「報道が少ないので伝えてほしい」とSNSを通じて声が寄せられたのがきっかけでした。

鋸南町で見た光景は想像以上に深刻でした。

まるで地震や津波の被害にあったように破壊された家屋や車、折れ曲がった電柱や激しく歪んだガードレールなど、東京都心から車でわずか1時間あまりの現場に被災地はありました。

電力と通信網が遮断され、適切な支援が届いていません。壊れた屋根を直そうにも大工の数が足りません。コンビニエンスストアも天井が落ちるなどして営業を休止。食料の調達も困難な住民の方々がいます。

地元の勝山港では鯛などの養殖が続けられていますが、港の水槽施設で保管していた魚たちは全滅。沖の養殖場の被害状況は未だわかっていません。

こうした現場の取材を映像にまとめました。多くの人たちに現状を知っていただきたいです。それほど長くありません。ぜひご覧ください。