北海道北部の礼文島や利尻島では見事な夕陽 島内は通常通り営業の店も

礼文島から望む夕日 撮影:田中一平

北海道北部の町、稚内市に滞在していた田中一平さんから利尻島や礼文島の様子を知らせる動画が6日、届きました。

稚内港から礼文島にフェリーで渡った田中さんは地震後の様子を次のようにリポートしています。

稚内港フェリーターミナルは 停電の中稼働中。

利尻島、礼文島は通常通り の生活ができているそうです。 “島内で発電しているため 島に渡れば問題はないです。” と礼文島のホテルフロントより。

フェリーターミナルでは手書きの切符を発行 トイレは水道ポンプが停電で動かないため 通常の水道から汲み貯めたバケツと懐中電灯を持って入る。

夕方には、見事な夕日を望むことができました。

被災地でありながら観光地でもある北海道各地。今後の風評被害を想定し、丁寧な情報発信が必要です。