田中康夫さんがソーシャルオピニオンネットワークで広く公論を集約

田中康夫.net

田中康夫さんといえば、80年代に青春を過ごした人にとっては、「なんとなくクリスタル」などで知られる著名作家だし、30代以上の方ならば長野県知事などの政治活動でよくご存じの論客だ。

その田中康夫さんが、FacebookやTwitterなどのメガSNSを束ねる独自の専用SNSとして、田中康夫.netを公開し、広く参加者を募っている。田中康夫.netにはFacebookやTwitter、Google+等でログインが可能で、さらにFacebookのいいね!(LIKE)やTwitterのTweetとの連動もあるので、田中康夫.netの中で人気を集めた話題は、こうしたメガSNSにも拡散していく。

「田中康夫氏本人とスタッフ、そして田中氏の著作や日々の活動に関心を抱く人々が無料で登録し、写真やテキストなどのコンテンツをアップロードすることで、情報を共有するサイトです。ソーシャルオピニオンネットワークとして、田中康夫氏がさまざまな社会問題や事象に関する問題提起を行ない、ユーザーが意見を交換しあうことが可能になっています。」

出典:田中康夫.net

この田中康夫.netは、外見こそPinterestに近いが、基本的に田中康夫さんがさまざまな社会問題をピックアップし、鋭い意見(オピニオン)を紹介しつつ、読者にその是非を問う、という形式を取っている。設問に回答すると、瞬時にグラフ化され、回答者の年代別にも結果が表示される。現在、40代の男性中心にコミュニティが成立しているが、徐々に女性の参加も増えているようだ。

ぜひ読者のみなさんも、参加し、田中康夫さんの鋭くもユーモラスな”お題”に挑戦し、社会問題を自分の視点で考えるトレーニングをしてほしい。