桜の開花 仙台が鹿児島を逆転する日

2月27日 ウェザーマップ発表の桜の開花予想(ウェザーマップ提供)

 今年の桜は異例の早さでの開花となりそうです。

 2月27日にウェザーマップが発表した桜の開花予想によると、東京は3月15日(平年3月26日)、仙台は3月26日(平年4月11日)で、いずれも平年より大幅に早く、過去最早となる予想です。これには1月下旬以降の気温の高さが影響しているとみられています。

 さて、桜の開花がどれくらい早いのか、遅いのかの目安となるものに「平年値」がありますが、そろそろ賞味期限切れとなることをご存知でしょうか。

来年は平年値が更新される

 桜の開花日に限らず、気温や降水量、梅雨入り・梅雨明けなどの時に使われる平年値は、過去30年間の平均値です。現在使われている平年値は、1981年~2010年の30年間の平均値です。更新は10年ごとで、西暦の末尾が1の年という決まりになっています。今年は2020年ですから、来年2021年には更新されて、1991年~2020年の30年間の平均値が新たな平年値となります。ですから、今の平年値には直近の約10年間が反映されておらず、賞味期限が切れかかっているというわけです。

2010年代は開花が早い

仙台のソメイヨシノ開花日(筆者作成)
仙台のソメイヨシノ開花日(筆者作成)

 では、来年新たに平年値に反映されることになる、2011年からの桜の開花日はどうだったのか。仙台を例にとって見てみます。平年は4月11日ですが、近年はそれよりも早い日が圧倒的に多く、3月中に咲いた年もありました。一方、来年平年値から抜ける1981年~90年までの開花日は、逆に平年よりも遅い日が多くなっています。今年も大幅に早まる予想ですから、平年値が早まることは間違いありません。4月11日というのは、もはや平年とは言い難い状況になっています。

開花と気温の関係

 下の図は、桜の開花日と気温の関係を示したものです。棒グラフが開花日の平年差で、上に行くほど早く、下に行くほど遅いことを表しています。オレンジは1~3月の平均気温の平年差で、上に行くほど気温が高く、下に行くほど低いことを表しています。

 これを見ると、仙台では、気温の高い年は開花が早く、低い年は開花が遅い傾向がきれいに表れ、相関があるといえます。

 一方で、九州南部の鹿児島はどうでしょう。気温が低くても開花が早かったり、逆に高くても遅かったりする年があり、仙台のような相関は見られません。

開花日と気温の関係・仙台(筆者作成)
開花日と気温の関係・仙台(筆者作成)
開花日と気温の関係・鹿児島(筆者作成)
開花日と気温の関係・鹿児島(筆者作成)

 桜は、冬に一定期間寒さにさらされることで目覚め(休眠打破)、開花へと進んでいきます。しかし、暖冬で気温が高いと休眠打破がうまくいかず、開花が遅れることがあります。これは、もともと温暖な地域にみられる傾向で、鹿児島の開花日と気温のバラつきは、この傾向を反映している可能性があります。一方、仙台など北日本は、暖冬といえども休眠打破に必要な寒さはあるため、気温が高ければ開花が早まるといえるでしょう。

仙台が鹿児島を逆転する?

 今後、地球温暖化が進むことで、気温は全体的に高くなることが予想されます。そうなれば、冬の気温も必然的に高くなっていきます(年々の変動はありますが)。仙台など北日本はさらに開花が早まり、鹿児島など元々温暖な地域は、逆に開花がどんどん遅くなる可能性も指摘されています。

 実際、超暖冬ともいえる今年、仙台と鹿児島は同じ3月26日の開花予想です。仙台は平年より16日早いですが、鹿児島は平年と同じです。これまで最も差が縮まったのは、2002年と2017年の2日で、仙台と鹿児島が同日になったり、仙台が逆転して早く咲いたりしたことはありません。もしこの予想通りになれば、これまでの常識が大きく覆されると同時に、これが今後の常識になる可能性も秘めています。