暖冬で花粉の飛散が早まる? 早めの対策を

1月27日の仙台市内のスギ林 全体が赤みを帯びている(筆者撮影)

 今年も間もなく花粉シーズンに入りますが、この冬の「暖冬」が飛散時期に影響する可能性があります。

 スギの雄花は、11月ごろまでに完成し、中に大量の花粉が作られます。その後、休眠状態に入り、一定期間低温にさらされることで休眠から覚め、開花の準備期間に入ります。そして、準備期間の気温が高いほど、開花、すなわち飛散が早まるとされています。この点、桜と非常によく似ています。

今年は準備期間の気温が高め

 12月29日~1月27日までの30日間の平均気温の平年差を見ると、全国的に高く、西日本や東日本では3℃以上高くなっているところもあります。開花の準備期間の気温が高いというわけです。昨日(1月27日)、仙台市内のスギ林に出向いたところ、まだ1月ではあるものの、雄花が大きく成長しているような印象を受けました。

12月29日~1月27日までの30日間の平均気温の平年差(気象庁ホームページより)
12月29日~1月27日までの30日間の平均気温の平年差(気象庁ホームページより)
1月27日の仙台市内のスギの雄花(筆者撮影)
1月27日の仙台市内のスギの雄花(筆者撮影)

今後も暖冬傾向が続く

3か月予報  平均気温(気象庁ホームページより)
3か月予報 平均気温(気象庁ホームページより)

 先日、気象庁から発表された3か月予報によると、今後も寒気の影響が弱く、春にかけて気温の高い状態が続く見込みとなっています。このため、例年よりも飛散が早まる可能性があるといえます。

 民間気象会社の予測では、今年は飛散量自体はそれほど多いとはいえないものの、気温の高い状態が続けば、ピークが早まり、短期集中的に飛散することも考えられます。

 今年は例年よりも早めに手を打ったほうがよさそうです。