コナモン協会が語る!たこ焼きの秘密!!

大阪に「日本コナモン協会」というのがある。

大阪の浪速区にあるが「日本コナモン協会」である。

気合が違う。

設立は2003年5月7日。

そしてこの日が「コナモンの日」となった。

もちろん、日本コナモン協会が制定した。

譲られへんで!そんな気合である。

(来年5月7日まで10周年イベント展開中)

会長は、生活文化研究家であり「タコヤキスト」の熊谷真菜氏。

卒業論文のテーマが「たこ焼き」という、生粋のタコヤキストだ。

何故、たこ焼きに魅入られたのかは本人にも分からないらしいが。

先日、熊谷会長と事務局長の林正晃氏にお会いする機会があった。

挨拶もそこそこに、「コナモン」について林氏が熱く語り始めた。

会長の熊谷氏は、それを聞きながら、話に加わりながら、

ケラケラとよく笑う。

大阪で言うところの「ゲラ」な方である。

熊谷氏はテレビにもよく出ている。

NHK「ためしてガッテン」の『ごっつウマ!たこ焼き大革命』に

出演した時の「たこ焼きの秘密」のお話は、

まさに、「そやったんか!!」という話だった。

外はサクっ!中はとろっ!

ウマいたこ焼きの秘密は「空洞」にあったのだ。

空洞?どういうこっちゃ!?

「ためしてガッテン」で実験が行われた。

生地が焼けてきたら、まず「半回転」させる。

そしてもう半回転で球体へ。

これで空洞が作られる。

これはプロの技であり、それには意味があったのだ。

何故空洞が?

それはたこ焼き内の温度に関係する。

空洞があることで、内部温度が100度前後で安定し、

よく蒸されることでタコの旨みが生地に溶け出す。

さらに生地がとろっと糊のようになる。

これが、美味いたこ焼きの秘密だったのだ。

そう、伊達に「とろっとしていたのではなかったのだ。

たこ焼きについて、熱い話はまだまだ続く。

次は「出汁」である。

大阪は出汁の文化だ。それも昆布出汁である。

大阪に昆布出汁が根付いたのには

歴史を振り返る必要もあるが、

ここで伝えておきたいのは、「水」についてだ。

大阪の水は軟水で、どんな出汁にも合う。

特に昆布と相性が良かった。

昆布の中の水溶性うまみ成分、グルタミン酸を

軟水が引き出すからだ。

京都も軟水だが、真昆布を大阪、京都の水で浸してみると

大阪の水の方が「うまい」という結果になった。

理由は分からない。

しかし、飲み比べてそういう結論になった。

大阪で使われる昆布は真昆布。

北海道の真昆布の90%が大阪で消費されているそうだ。

その出汁の色は淡い琥珀色。

京都のそれは利尻昆布だ。出汁に色はつかない。

同じ軟水でも、真昆布に合うのは大阪の軟水ということか。

わずかな水の違い、使う昆布の違い。

しかしそこに大阪と京都の、

気質や風土の違いが現れているのだろう。

出汁の入った生地。

焼くときにできる空洞。

その中でじっと出番を待つタコ。

「たこ焼きは完成されている」と林氏は言う。

その小さな球体には、

大阪の歴史と文化が存分に詰まっている。

「我こそはコナモンを語るに相応しい!」

大阪にある日本コナモン協会。

気合が違うのだ。