韓国発コンテンツに5億ドル投資するNetflixのアジア収益拡大予測

Netflixコンテンツ部門 バイス・プレジデントのキム・ミニョン。

Netflix韓国が今後の投資計画を発表した。その額は1年間で約5億ドルに上る。Netflixの収益拡大の重点地域にあげる韓国、日本、インドの成長をどうみるべきか。MPAの調査結果をもとに、解説する。

この記事は有料です。
動画時代に知るべき「世界の映像コンテンツ市場」の動きと攻め方のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

動画時代に知るべき「世界の映像コンテンツ市場」の動きと攻め方のバックナンバー2021年2月サンプル記事

長谷川朋子

価格

440(記事2本)

2021年2月号の有料記事一覧

すべて見る

仏カンヌの番組見本市MIP取材を10年以上続け、日本人ジャーナリストとしてはこの分野におけるオーソリティとして活動する筆者が、ストリーミング&SNS時代に求められる世界市場の攻め方のヒントをお伝えします。主に国内外のコンテンツマーケット現地取材から得た情報を中心に記事をお届け。国内外のドラマ、バラエティー、ドキュメンタリー番組制作事情をテーマに、独自の視点でコンテンツビジネスの仕組みも解説していきます。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1975年生まれ。2003年から放送業界専門誌の放送ジャーナルでテレビ、ラジオ担当記者。国内外のドラマ、バラエティー、ドキュメンタリー番組制作事情をテーマに、テレビビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。東洋経済オンライン、オリコン、マイナビ、日経クロストレンド、WIRED、講談社ミモレなど。得意分野は番組コンテンツの海外流通ビジネス。仏カンヌの番組見本市MIP取材を約10年続け、日本人ジャーナリストとしてはこの分野におけるオーソリティとして活動。業界で権威あるATP賞テレビグランプリの総務大臣賞審査員や、業界セミナー講師、行政支援プロジェクトのファシリテーターも務める。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    オープニングで失敗の新番組~『ラヴィット!』『めざまし8』失速の理由~鈴木祐司4/11(日) 16:31
  2. 2
    「もう一回ブレークしないと、先はない」。40歳になった「フルーツポンチ」村上健志の覚悟中西正男4/11(日) 9:36
  3. 3
    藤井聡太二冠、前人未到5期連続ランキング戦優勝なるか? 4月16日、竜王戦2組決勝で八代弥七段と対戦松本博文4/10(土) 15:26
  4. 4
    「ノーマルとかアブノーマルとかいう言葉が大嫌いでした」。今から約30年前、性のタブーに挑んだ理由水上賢治4/11(日) 7:00
  5. 5
    52年前の今日、日本中の子どもが絶望した…! ゼットンの「1兆度の火球」のすごい威力とは?柳田理科雄4/9(金) 9:00
  6. 6
    永島聖羅が乃木坂46卒業から5年で連ドラ初レギュラー 「頑張っていれば誰かがどこかで見てくれるので」斉藤貴志4/11(日) 12:45
  7. 7
    【戦国こぼれ話】政略結婚が大半だった戦国大名の結婚。武家家法に定められた婚約・結婚の決まり渡邊大門4/11(日) 6:00
  8. 8
    「イギリスで募る怒りをアメリカ人は知らない」:メーガン妃を信じない英司会者が米の番組に出演猿渡由紀4/6(火) 10:15
  9. 9
    「ラヴィット」の課題は視聴率の前に継続率だ境治4/6(火) 11:15
  10. 10
    『俺の家の話』の先へ! 没後40年の「向田邦子」を継承する<シン・向田ドラマ>への期待碓井広義4/11(日) 0:18