幻冬舎見城徹社長が本の実売部数を公開して何が悪いのか。

 幻冬舎と作家津原泰水氏のトラブル、見城徹社長が、実売部数を公開したことで批難轟々、作家の高橋源一郎氏や井上荒野氏、尊敬するジャーナリスト江川紹子さんまでが批判。見城さんはツイッターをやめてしまった。

 だけど、実売部数公開がそんなに悪いことなのか。

 そもそもは津原氏が、幻冬舎が力を入れ65万部のベストセラーになった百田尚樹さんの『日本国紀』をツイッターで批判したことが発端。

朝日、毎日なども大きく取り上げ、幻冬舎の本を批判したから、見城社長が津原氏の文庫出版を取り止めた、という文脈で記事にしている。

 ちょっと待ってほしい。

 津原氏のツイッターの『日本国紀』批判は批判というより罵詈雑言の類。しかもしつこく、繰り返して。そのうえ一般人のツイートに対してまで幻冬舎批判のリプライを。

 朝日、毎日の記事はこのツイッターのひどさを完全にネグっている。

 この件で、一番困ったのは幻冬舎の津原氏の本の編集担当者だろう。自社が力を入れ、売れ行きも好調の本を、クソミソにやられては立場があるまい。しかも、津原氏の本、見城社長は自社で出版することにあまり乗り気ではなかったが(売れる見込みがないので)、担当編集者の熱意に打たれて、出したという経緯がある。

 で、担当編集者と津原氏の間で話し合い、津原氏が担当編集者に「袂をわかとう」と言って、文庫の出版を取り止めた――これが幻冬舎側の言い分(津原氏は違うことを言っている)。

 すると怒った津原氏が、何度もツイッターで幻冬舎を批難。

 で、見城社長が、もともと津原氏の本の出版にそんなに熱心でなかったけれど、担当編集者の熱意に負けて出したと事情を説明した。そ

の際、証拠として、初版5000部、実売1000部もいかなかったという数字を公開したわけだ。

 繰り返すが、実売を公表することはそんなに批判されるべきことなのか。

 本の売れ行きが悪い場合、出版社、著者はお互いの立場を忖度して、大抵の場合、実売部数には触れない。

 こんな事態でなければ見城さんだって、そんな数字を公開するはずもない。出した本が売れなかったというのは出版社にとっても、編集者にとっても、自慢できる話ではないからだ。

 今回の件、どう考えても津原氏の言う「違法な圧力」でもなんでもない。

 津原氏のツイッターのえげつなさをネグってこの問題の本質はわからない。

早川書房で出すことが決まってから、再び問題を大きくした津原氏の宣伝のための炎上商法ではないのかと疑われても仕方あるまい。