今朝もフジテレビの「とくダネ!」が森友学園問題を1時間もやっている。内容はと言えば、安倍昭恵さんが100万円渡したとかいう事ばっかり。ほとんどが、いま籠池夫妻に取り入ってスポークスマン気取りの菅野某の情報ではないか。

振込表を透かして見ると、安倍晋三とあるとか。昭恵さんと籠池夫妻3人だけになった時があったかなかったとか。昭恵さんのメールがどうとか。

大げさにパネルを使ったり、シールを使ったりして事を大きく見せようとしていたが、ゲストの田崎さんもさすがに困って言葉を濁す場面が多かった。で、番組の終わり頃にでかでかと「疑惑はどこにあるのか」のキャプション。自らもそう思っているんじゃないか。視聴者を馬鹿にするにもほどがある。

昭恵夫人が100万円、もし渡していたとして、何が問題なのか。法的にも道義的にもなんの問題もない。田崎さんもそのことが分かっているから答えに窮していたのだろう。

で、ここからは僕の推理だが、実際はこんなところなのでは。

籠池理事長が昭恵夫人に講演を頼んだ。講演料として100万円を払おうと用意していたが、昭恵夫人に断られた。で、郵便局に戻したのだが、その時に、籠池氏が、一度は渡そうとした金だからと、勝手に安倍さんからの寄付ということにして、「安倍晋三」と書いておいた。ま、自作自演、ありそうな話だ。

いずれにしろ、この問題で肝心なのは国有地払い下げに際して、政治家の口利きがあったのか、なかったのか、そこで金が動いたのか否か、それに尽きる。あとはどうでもいいい、枝葉末節の話。共産党、民進党も追及するなら、そこで何か出してみろ。