森友学園をめぐるこの馬鹿騒ぎいったいいつまで続くのか。

9億円の土地を森友学園が200万円で譲り受けた。そこに政治家の口利きはあったのか、なかったのか。口利き料ともいうべき金が動いたのか否か。問題の核心はそれだけだ。

野党は証拠があるならさっさとそれを出して追求すればいい。出せないということは、そんな証拠は握っていないのだろう。

だからやれ、安倍昭恵さんが名誉園長をしていたとか、稲田防衛相が顧問弁護士を務めていたとか、本筋とは関係のない事を国会で言いたてて、仕事をした気になっている。

安倍夫人が園の教育に共感して、名誉園長を務めたってなんの問題もない。稲田さんに至っては代議士になる前の話だし、弁護士が誰を弁護しようが自由だ。

要するに民進党の議員たち、問題の追求より自分が目立ちたいだけなのだ。テレビに取り上げられることだけが目的。

民進党の升田世喜男という馬鹿な代議士が本会議の趣旨説明の場で、稲田大臣に辞任を迫って絶叫していたが、自らの馬鹿さ加減に気づかないのか。きっとテレビに映るというので興奮してたのだろう。青森県選出というが、下北の野生の猿並み。

今日も外務委員会で民進党の福島某が昭恵夫人が籠池夫人にメールしたことがあるかどうかなどとと追求していた。誰にメールしたっていいではないか。なんでこんな事を外務委員会で論議しなければならないのか。なぜ総理がいちいち答えねばならないのか。総理がイラつくのもあたりまえだ。

そう言えば、前の外務委員会で馬鹿笑いして顰蹙を買っていたのが升田議員だった。