森友学園への国有地売却問題、連日の国会中継を見ているとバカバカしくなる。時間のムダだ。

北朝鮮の問題とかほかに、もっと論ずべきことがあるだろう。

鑑定価格9億5000万円の土地がゴミ撤去費約8億円を引いた1億3400万円で売却されたというのはたしかに不自然だ。

ただし、近畿財務局は手続き上、瑕疵はないと言っている。野党側は、その言い分を覆すだけの材料を今のところ出せていない。

材料がないのに追及している姿勢を見せたいから、野党、とくに民進党は、やれ昭恵夫人が名誉校長をしていたとか、挨拶で幼稚園をホメたとか、本筋の土地売買とは関係のない話ばっかりあげつらっている。

テレビ、とくにワイドショーなどは連日、幼稚園児が教育勅語を復唱するシーンや、安倍首相ガンバレと叫んでいるシーンばかり流している。

昭恵夫人が、私人か公人かなんて土地売買とは何の関係もない。国会のパフォーマンス男、自由党の山本太郎議員など「アッキード事件」などと言っていたが、それこそ名誉毀損ものだ。

が、今回、書きたいのはそのことではない。

2月24日、衆院財務会計委員会で日本維新の会の丸山穂高議員が、森友学園問題関連で極めて興味深い質問をした。

が、新聞各紙、この質問をまったく報じないのだ。

丸山議員、どんな質問をしたか。要約すると――。

「森友学園の土地、国有地が不当な値段で取引されたというが、それなら、朝日や読売も本社ビルが建つ築地や大手町の土地を不当に安い値段で国から譲り受けたのではないか」

丸山議員は片岡正巳さんの『新聞は死んだ』という本を引用する形で、具体的な数字まで挙げた。

たとえば朝日は昭和50年当時、坪200万円は下らないと言われた築地の土地を国から坪56万円で購入。

読売も坪600万円と言われた大手町の土地を坪83万円で購入。

「しかも、この本によると、読売の社長は、田中角栄さん、福田(赴夫)さん、池田、佐藤両首相に直談判したそうです」

理財局長が「既に文書保存の期限が切れているので事実確認できない」と答えると、丸山議員、こう返した。

「(森友学園問題と)全く同じ構図ですよね。じゃ、朝日の渡辺社長と読売の山口社長、参考人として呼んでほしいんですけど、委員長、どうですか」

丸山議員、その他にも各地の朝鮮学校に公有地が安く貸与されたり譲渡されたりしているのではないかと追及した。

が、先にも書いたとおり、新聞各紙はこの質問について頬被りしてトボケているのだ。

3月3日、朝日は「森友学園 政治家の関与、解明を」と題した社説でこう書いた。

〈すみやかに関係者を国会に招致し、不自然な取引の背景を徹底して調べる必要がある〉

〈(安倍首相は)自ら疑惑の解明に指導力を発揮すべきだ。問われているのは、国民の共有財産である国有地が格安で売却されたのではないかという重大な疑惑だ〉

まさにブーメラン、そのまま朝日新聞にお返ししたい。それとも“時効”で逃げますか。