『週刊文春』の甘利大臣賄賂スクープ、もう一つ疑問が。

『週刊文春』の甘利大臣賄賂スクープ、昨日のブログで書き落とした疑問が、もうひとつ。告発した一色武なる人物、S社とURのトラブルの仲介を、なぜ甘利氏の地元、大和の事務所にたのんだのかということだ。

S社の本社は千葉県白井市。常識的に言って誰か議員に頼むとしたら、地元の議員に頼むのが自然だろう。それに総務担当という一色氏が名前を出しているのに社名だけ出さないというのも不思議だ。

テレビを見ていたら、テレビの記者がS社に取材に行くと、慌てた社員がけんもほろろ、何か触れてはいけないことのように取材を拒否していた。S社としては本当は告発を望んでいなかったのではないか、そんなことさえ思わせる異常な対応だった。

一色武という名は本名ではないなど、一色氏に関しては幾つかよからぬ情報も得ている。確認でき次第、また報告したい。