画像

朝日新聞がまたやってくれた。

8月20日『週刊文春』(8月28日号)、『週刊新潮』(8月28日秋風月増大号)の広告。

「タイ代理出産●通信御曹司●●●●乳幼児『育成農場』に初潜入」(『文春』)

「子供1000人で『●帝国』!?億万長者『●通信創業者』ご長男の人間牧場」(『新潮』)

今回の●は何だ?

両誌を見ると光通信、光帝国、重田光時なのだが、なんでこれを●にしなくてはならないのか。

エロでもないし、差別語でもない。今のところ犯罪の容疑者というわけでもない。

ただ単に代理出産させたその人数が異常に多い(16人!)というだけ。

なんでこれを●●にしなくてはいけないのか。

朝日広告部に一読者として電話してみると、

「個別の質問にはお答えできません。弊社の掲載基準がありますので」

予想通りの答え。掲載基準について聞きたいんじゃないか!

で、ちょっと冗談に朝日新聞に今月号の『WiLL』の全5段広告を申し込んだらこんなふうになるのではとつくってみた。

●●、わかりますよね。