北海道 あす7日にかけて大雨、暴風のおそれ

7日午前6時の雨雲の予想(ウェザーマップ提供)

台風4号から変わる低気圧の影響で、道内ではあす7日(金)にかけて大雨や暴風のおそれがあります。

画像

(7日21時の予想天気図 ウェザーマップ提供)

あす夜9時の予想天気図を見ると、北海道の北を発達した低気圧が通過していきます。この低気圧は台風4号から変わったもので、周辺には熱帯の暖かく湿った空気が充満しているため大雨になりそうですし、等圧線の間隔が狭く、道内では低気圧に吹き込む南風が強まって暴風にも警戒が必要です。

■雨は低気圧の通過よりも前に降りだす

特に活発な雨雲があるのは低気圧周辺ですが、道内ではその低気圧が近づく前のきょうから雨が強まり始めます。これは低気圧から延びる前線が北海道にすでにかかっているためです。この前線で降る雨と低気圧本体の雨雲で降る雨が合わさり、総雨量が多くなりそうです。

画像
画像

(予想雨量 気象庁の情報を基に作成)

まず、上のあす7日の午前6時までに予想される雨の量を見ると、一番多いのが日本海側南部と太平洋側西部で100ミリと予想されています。そのほかの地域も60ミリから80ミリ、普段から雨の量が多くない地域ではもうこれだけでも平年の8月1か月分の6割から7割くらいに達しますが、低気圧本体の雨雲がかかるのはそのあとです。

下のあす7日午前6時からあさって8日午前6時までの予想雨量は日本海側北部で100ミリから150ミリ、日本海側南部や太平洋側西部も多いところでは100ミリ近い雨が降る見込みです。このエリアすべてでこの雨量が降るというわけではありませんが、活発な雨雲が同じような地域に集中した場合、平年の8月1か月分を超えるような雨があさって金曜日にかけての短い時間で一気に降ることになります。大雨による低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水に十分な注意が必要です。

■風も強まる

記事の冒頭でご覧いただいた天気図をもう一度見てみると、低気圧周辺の等圧線の間隔が狭くなっています。等圧線は間隔が狭いほど風が強く吹き、北海道では風の強さの目安を天気図で見るときに『七五三(しちごさん)』に注目します。

これは等圧線の本数のことで、

北海道にかかる等圧線の数が

・7本→数年に一度クラスの暴風

・5本→暴風警報クラス

・3本→強風注意報クラス

の風が吹くことが多いです(※あくまで目安で、地形や条件によって変わることもあります)。

そこで改めて天気図の等圧線に注目してみると、北海道にかかっている等圧線は4本ですが、中心付近の小さな円も含めると北海道に5本かかるくらいの間隔になっています。このため暴風警報クラスの風になる可能性が高く、警戒が必要です。

画像

(予想される風の強さ 気象庁の情報を基に作成)

いずれの地域も瞬間的には30メートル以上の風が予想され、何かにつかまっていないと立っていられないくらいの強い風が吹きそうです。看板などが飛ばされてくるおそれもあります。

暴風のピークはあすになってからですから、きょうのまだ風の弱いうちに飛ばされやすいものをしまっておくなど、強い風への備えもしておくようにしてください。