快進撃!池江璃花子の強さの秘密

リオデジャネイロ五輪で躍動する池江璃花子(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

池江璃花子の快進撃

女子100mバタフライの決勝、プールに姿を現した池江璃花子を観て鳥肌がたった。五輪初出場とは思えない冷静さ。五輪に何度目も出場しているかのようなオーラに圧倒された。

決勝の舞台で、目標としていた56秒台をマークし、6位入賞。今大会、個人種目すべてのレースで日本新記録を樹立している。五輪の大舞台で狙ったタイムをきちんと出せる強さは、本物だ。

抵抗の少ない泳ぎ

池江の強さは、体が水面に良く浮いていることだ。それはつまり、体が水に接する範囲が少ないため、水の抵抗が少ない泳ぎであることを証明している。抵抗が少ないと無駄な体力を使うことがない。最もきつい後半の大失速を防ぐこともできる。

抵抗の少ない泳ぎを支えているのは、体幹の強さだ。

約1年半前から、本格的な体幹強化を取り入れてきた。特に目を見張るのは、首の太さ。水中を頭から前に進んでいく際、頭がぐらつくと姿勢も悪くなり、フォームが崩れ、抵抗を受けてしまう。疲れが出てくるレース後半は、特に重要になる。スイマーにとって、頭と体をつなぐ首の強さは生命線ともなる。

柔らかい肩甲骨

加えてスピードを上げた中でも、フォームを崩さず、大きな泳ぎをすることで推進力は生まれる。彼女は幼い頃から鉄棒や雲梯で遊びながら、腕の強さや肩甲骨の動き、体のバランスを養ってきた。

腕だけを回すのではなく、腕と肩をつなぐ肩甲骨辺りを大きく使って泳ぐことができる。それはより遠くの水をとらえることで、多くの水を一度に掻くことができる。すなわち、1ストロークで進む距離が伸びる。これは、しっかりとした体幹、そして柔軟性がある証拠だ。

五輪は始まったばかり

2日目を終えて、残りは5種目。疲労も溜まってくるだろう。しかし五輪の舞台で沢山のレース経験を積めることは幸せなことだ。

天井知らずの彼女は、リオデジャネイロの地で、どこまで成長するのか・・・楽しみに見守りたい。