若手の台頭が目立った競泳日本選手権

競泳の日本代表権が6日間(4月7~12日/東京辰巳国際水泳場)の日程で行われ、今夏の世界選手権日本代表選手が決定した。今大会は、中学生スイマー池江璃花子選手の活躍や4冠を達成した萩野公介選手や渡部香生子選手など、若い選手が活躍し、注目が集まった。

若手の活躍も印象的だったが、忘れてはならないスイマーがいる。長年、日本水泳界を牽引してきた男子平泳ぎの北島康介選手(アクエリアス)だ。32歳になった今でも、果敢にチャレンジする姿に心が熱くなった。

ワクワクするレース!

男子100m平泳ぎ決勝は、心が震えるレースだった。覚悟が伝わってくる、この舞台までの練習、そしてレースだった。水泳に対する姿勢、熱い想いは、出会った頃と変わらない。いつまでも泳ぐこと、勝負することが大好きな水泳少年「北島康介」なのだ。彼がそこに立つだけで心がドキドキする。いつまでもワクワクをくれるスイマーだ。

引退か、現役続行か・・・

「桜のように散ってしまったが、来年また桜を咲かせたいという気持ちは多少なりともある。」男子100m平泳ぎで3位となり、世界選手権日本代表権を逃した直後、北島選手が発した言葉だ。彼の揺れる想いが溢れていた。

引退か現役続行か。揺れ動く心は、本人にしか分からない。しかし私は、また来年も彼を応援できるかもしれないと、密かに胸を躍らせている。なぜならば、レース後の悔しそうな彼の表情は、次へのパワーに繋がると感じたからだ。

結果を受けて、悔しいと感じるか、もう仕方ないと感じるか。仕方ないと感じた時点で、アスリートとして戦うことは出来ない。北島選手は、レース後、「もっと出来た。悔しい。」とも話した。まだまだアスリートとしてのハートは燃え尽きていないのではないだろうか。

現役続行への覚悟

北島選手は、すぐに現役続行を表明しなかった。迷いを払拭し、自分自身と向き合い、覚悟を決められるか。現役続行は、険しい道のりになることは間違いないだろう。苦しくツラいトレーニングとも向き合わなければならない。年齢は関係ない・・・と話す人もいる。しかし、私も32歳まで現役生活を続けたが、疲労の抜け具合や体の故障には悩まされた。相当な覚悟が必要とされる現役生活。そう簡単には、決められないのが正直なところだろう。

2000年シドニーから、アテネ、北京、ロンドンと4回の五輪に出場し、金メダルを4つ獲得。世界新記録も樹立。誰が見ても、文句なしの水泳人生だ。しかし全てが順風満帆ではなかった。怪我や病気、度重なる故障にも悩まされてきた。金メダル大本命とまで言われ、周囲からのプレッシャーは相当なものだった。ときに自分自身の弱さをも受け入れ、逆境を力に変え、乗り越えてきた。そんな北島選手だからこそ、もう一度、チャレンジ出来る強さを兼ね備えていると思うのだ。

再び、新しい扉を・・・

今年は、新旧交代を告げる日本選手権だった。各種目を引っ張ってきたベテラン選手達が敗れ、日本代表から姿を消した。新世代の始まりだと言う人もいる。しかし若手の台頭によってだけもたらされるのが新世代ではない。ベテランがもう一度、死にもの狂いで切り開き光輝くことも、また新しい変化だ。常に新しい扉を開いてきた北島選手だからこそ、またベテランとしての新世代を築き上げられると信じている。

勝手な想いをぶつけるのは、失礼だと分かっている。しかし、もう一度、「キング北島康介」の真剣勝負を応援したい、と心から願う。