解決すべきと思われる社会全体の問題を社会課題と呼んでいる。社会には無関心とのイメージのある若年層は、社会課題に関心があるのだろうか。連合が2022年3月に発表した、若年層における社会運動に関する調査「Z世代が考える社会を良くするための社会運動調査2022」(※)の内容から確認する。

調査対象母集団に関心のある社会課題(解決すべきと思われる社会全体の問題)があるか否かを尋ねたところ、全体では87.0%と9割近くの人があると回答した。

↑ 関心のある社会課題があるか(属性別)(2021年)
↑ 関心のある社会課題があるか(属性別)(2021年)

男女別では多少ながらも女性の方が値は高く、年齢階層別ではより若い方が値は高い。特に15~19歳では92.2%の人が、何らかの形で関心のある社会課題があるとしている。

それでは具体的に、どのような分野の社会課題に関心があるのか。約4割の人が経済・社会の分野に関心があると回答している。

↑ 関心のある社会課題の分野(複数回答)(2021年)
↑ 関心のある社会課題の分野(複数回答)(2021年)

次いで教育と人権が同じ値、さらにジェンダー平等、労働、健康と続く。環境や平和といった、社会課題をテーマにした社会運動ではよく取り上げられる分野は、若年層ではあまり関心がないようだ。

社会課題の分野の詳細区分を確認すると(グラフ化は略)、経済・社会では医療・社会保障、教育ではいじめ、人権では自殺問題、ジェンダー平等ではジェンダーにもとづく差別、労働では長時間労働が最上位の課題として挙げられている。これら詳細区分の上位陣について、属性別で関心の度合いを確認すると次の通り。

↑ 関心のある社会課題(複数回答、上位陣、属性別)(2021年)
↑ 関心のある社会課題(複数回答、上位陣、属性別)(2021年)

長時間労働は男性の方が値は高いが、いじめや自殺問題、ジェンダーにもとづく差別、医療・社会保障は女性の方が値は高い。特にジェンダーにもとづく差別は男女で2倍以上の差がついており、男女におけるジェンダー関連への関心度合いの差が非常に大きい実情が見て取れる。

年齢階層別では、例えばいじめは若い人ほど高い関心を寄せているが、長時間労働は年上になるに連れて関心度合いが強くなる。自分にとって身近な、自分自身も直接関係してくるであろう問題ほど、関心度合いが強くなるようだ。その観点では、自殺問題やジェンダーにもとづく差別は年が上になるに連れて関心が薄れ、医療・社会保障は関心が強まるようである。

■関連記事:

【「いじめはいけないこと」小中学生は9割以上が同意…人助けといじめ、小中学生の姿勢(最新)】

【政府への要望、社会保障に新型コロナウイルス感染症への対応(最新)】

※Z世代が考える社会を良くするための社会運動調査2022

2021年12月21日から23日にかけて15~29歳の男女に対してインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1500人。男女・5歳区切りの年齢区分で均等割り当て。調査実施機関はネットエイジア。Z世代とは本来1990年代後半から2000年代に生まれた世代と定義されているが、今調査では社会人も含めた若年層の15~29歳をZ世代としている。

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロではないプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。また「~」を「-」と表現する場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。