お酒は飲まない・たばこも吸わない人の実情をさぐる(2020年公開版)

↑ たばこと酒。大人のたしなみとしてはよく知られる存在ではあるが。(写真:Paylessimages/イメージマート)

大人のたしなみとしてよく知られ、また一方では健康を害するなどの理由で敬遠されているお酒やたばこ。それらに手を出さない大人などいない、との話を見聞きすることもあるが、実際には「お酒を飲まず、たばこも吸わない」人はどれほどいるのだろうか。厚生労働省が2020年12月に発表した定期調査「国民健康・栄養調査」(※)の最新版となる2019年分における報告書の公開値から確認する。

次に示すのは「お酒を飲まない」あるいは「お酒を飲めない」上で、たばこを吸わない人の割合を各属性の全体比で計算したもの。お酒は以前飲んでいたが禁酒した人、たばこは以前吸っていたが1か月以上吸っていない(禁煙状態)人は該当しない。またお酒に関しては「ほとんど飲まない」、たばこは「時々吸う日がある」も該当しない。また、お酒もたばこも現行法では20歳以上なので、対象は当然20歳以上となる。

↑ お酒を飲まない・飲めない人でたばこを吸わない人(男女別・年齢階層別)(2019年)
↑ お酒を飲まない・飲めない人でたばこを吸わない人(男女別・年齢階層別)(2019年)

全体では20歳以上の31.7%がお酒を飲まない・飲めない上で、たばこを吸ったことがないとしている。3割強が多いか少ないかは個々の判断次第だが、世間一般で語られているよりは意外に多い気がする。もっとも男性に限ると14.7%に留まるので、その程度なのかもしれない。他方、女性に限れば46.6%と半数近くになる。

年齢階層別では男性においてはおおよそ低年齢ほど高い値。70歳以上で高い値が出ているのは、若い頃にお酒を飲んでいたこと・たばこを吸っていたことを忘れた上で、現在はお酒もたばこもやっていない人がいる可能性がある。

女性では20代から50代で際立った違いが見られず、3割台を維持している。他方女性の60歳以上では値が大きく増える傾向があるが、これも男性の70歳以上と同様のパターンなのだろう。

「お酒は飲まない・たばこも吸わない人」について、解釈を少し拡大し、お酒については「(以前は飲んでいたが)止めた」、たばこは「以前は吸っていたが1か月以上吸っていない」も該当者と見なして再計算をしたのが次のグラフ。

↑ 「お酒を飲まない・飲めない」か「お酒を止めた」人で、「たばこを吸わない」か「以前は吸っていたが1か月以上吸っていない」人(20歳以上、男女別・年齢階層別)(2019年)
↑ 「お酒を飲まない・飲めない」か「お酒を止めた」人で、「たばこを吸わない」か「以前は吸っていたが1か月以上吸っていない」人(20歳以上、男女別・年齢階層別)(2019年)

実のところ1つめのグラフと大きな違いはない。1つめのグラフに追加できる条件にあった人が数%しかいないのが実情だからだ。

ともあれ実情として、たばこもお酒もやらない大人は全体では3割強、男性だけなら1割強、女性だと5割近くということだけでも覚えておくとよいだろう。

■関連記事:

【禁煙できない人の胸に刺さるセリフが続くCM】

【現在飲酒をしている人は53.8%…アメリカ合衆国の飲酒状況をさぐる(2020年公開版)】

※国民健康・栄養調査

健康増進法に基づき、国民の身体の状況、栄養素など摂取量および生活習慣の状況を明らかにし、国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基礎資料を得ることを目的とした調査。2019年調査分における調査時期は2019年11月中、調査実施世帯数は2836世帯で、調査方法は調査票方式。

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロではないプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。また「~」を「-」と表現する場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。