子供達の喘息(ぜんそく)の現状と状況推移をさぐる(2020年公開版)

↑ 喘息のツラさは本人で無いと分からない。(写真:アフロ)

喘息(ぜんそく)は他人からの見た目以上に、本人に体力だけでなく精神面でも大きな負担が課せられる。子供達の間ではどれほどの割合で症状が確認されているのだろうか。文部科学省が2019年12月に発表した「学校保健統計調査」の報告書や公開値から確認していく。

まずは最新2019年度における学校種類別・年齢階層別の喘息の人の割合。

↑ 喘息の人の割合(学校種類別)(2019年度)
↑ 喘息の人の割合(学校種類別)(2019年度)
↑ 喘息の人の割合(年齢階層別)(2019年度)
↑ 喘息の人の割合(年齢階層別)(2019年度)

5歳から6歳に成長すると急に値が高まり、11歳ぐらいまでは3%台の高い値を示す。この年齢は小学校時代(おおよそ6歳から12歳まで)に該当する。小学校の環境が喘息を誘発するのではなく、「小学校に進学して身体検査などを綿密に行う」「保護者の健康意識が高まる」などの理由から、喘息が発覚するものと思われる。中学校へ進学するにつれて値が低くなるのは、身体的な成長の他、環境がやや開放的になることが考えられるが、このデータだけでは確証は持てない。一方で高校生でも2%近くの値は、50人に1人(2クラスに1人程度)は喘息持ちとの実態を示していることになる。

これを男女別に見ると、一様にして女性の方が低い値を示している。

↑ 喘息の人の割合(男女別・学校種類別)(2019年度)
↑ 喘息の人の割合(男女別・学校種類別)(2019年度)

幼稚園から高等学校まで、男女間では男性が女性よりも高い値との結果が出ている。原因は不明だが、中高生の場合は「女性の方が生育が早く、体力が付きやすいから」と考えることができる(その場合でも幼稚園・小学校の説明はつかない)。ホルモンの影響によるものとの説もあるが、まだ類推の域を出ていない。

最後に経年推移。

↑ 喘息の人の割合(学校種類別)
↑ 喘息の人の割合(学校種類別)
↑ 喘息の人の割合(学校種類別)(2001年度以降)
↑ 喘息の人の割合(学校種類別)(2001年度以降)

いくぶんの起伏、順位の変動はあるが、概して喘息保有者は増加傾向にあった。収録されているもっとも古い1967年度分では、幼稚園0.29%・小学校0.25%・中学校0.08%・高校0.03%だったのに対し、2019年度ではそれぞれ1.83%・3.37%・2.60%・1.79%にまで増加している。

これは前述の通り健康意識の高まりで診断をする人が増え、結果として喘息持ちであることが判明した、と考えられる。つまり喘息持ちそのものが増加したのではなく、露呈・確認数が増えたと考えた方が自然ではある。無論高度経済成長期を中心に、工業化や自動車の普及で生じた大気汚染が原因で、喘息を罹患する割合が増えたのも一因だろう。

一方最近の動きとしては、2010年度から2011年度を天井として、小学校や幼稚園では減少の動きが見受けられる。中学校・高校では頭打ちの状態だが、現在幼稚園や小学校の世代が進学するに連れて、今後中高校でも喘息の者が減ってくる可能性は多分にある。

喘息は他人からの見た目以上に、本人にさまざまな負担が課せられる。特に体力の消耗ぶりは想像を絶するもの。何しろ日常絶え間なく行われる呼吸において、息苦しさと疲労を覚えてしまうのだから。身内も含め、もし周囲に喘息持ちの人(特に子供)がいたら、十分以上の配慮を願いたい。

■関連記事:

子供達の喘息発作のサイン

続く咳(せき)、失われる体力…一週間以上継続する咳の経験者は5割強

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロではないプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。また「~」を「-」と表現する場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。