主要国の対外純資産額をさぐる(2019年公開版)

↑ 主要国の対外純資産額はいくらぐらいだろうか?(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

主要国では対外純資産のトップは日本

国単位での資産額は対外債務(対外負債。海外から色々な形で借り受けているもの)と対外債権(対外資産。海外に対して色々な形で貸し付けているもの)を相殺した、特定の国から他の国々に対する「対外純資産額」で示される。その額について日本や主要国の実情を、財務省の公開資料「本邦対外資産負債残高の概要」(最新版は2019年5月発表の2018年末分)などから確認する。

「本邦対外資産負債残高の概要」に記載されている主要国の対外純資産、つまり対外資産と対外負債を相殺した対外純資産(マイナスならば純負債)の額を記したのが次のグラフ。

↑ 主要国対外純資産(公的+民間、為替レートは年末IFSレートで算出、兆円)(2018年末)
↑ 主要国対外純資産(公的+民間、為替レートは年末IFSレートで算出、兆円)(2018年末)

アメリカ合衆国のマイナスでの額の大きさが際立っている。また該当諸国内では日本がもっとも多く341.6兆円、次いでドイツが260.3兆円、中国が236.1兆円の順。ただし今件はあくまでも日本円に換算した上での比較であるため、為替レートの変動により大きな影響を受けることも覚えおく必要がある。

なお、これらは民間部門と公的部門を合算した額。日本に限ればその内訳は大部分が民間による取得である。

何か不測の事態が生じた際、中央銀行や一般政府(公的部門)以外の、いわゆる民間部門の資産が公的部門と同様に国の意志で容易にコントロールできるとは限らない。二世代世帯における、「住宅を保有する親夫婦」と「同居する子供夫婦」の資産を合わせたようなものと考えればよい(親夫婦が子供夫婦の家計から勝手に使い込みをすることは許されない)。しかしながら住宅に居住する単位(=国単位)で資産を考える際には、今件は十分以上に役立つ指針となる。

GDP比で考えてみる

続いて上記の対外純資産を各国のGDP(国内総生産)のどれほどの割合なのか、その度合いで考えることにする。

各国の年ベースにおけるGDPは、IMF(国際通貨基金)のデータベースから該当国の該当年データを抽出した上で(米ドルベース)、各国の純資産額を算出した年数にあわせた為替レートで円に換算。その値を用いてGDP比を算出する。

↑ 主要国対外純資産GDP比(公的+民間、為替レートは年末IFSレートで算出)(2018年末)
↑ 主要国対外純資産GDP比(公的+民間、為替レートは年末IFSレートで算出)(2018年末)

香港やスイスが相当大きな値を示している。極端な表現だが、香港の場合ならばすべての債務・債権を清算した場合、香港が1年間に稼ぐ総生産額の2.6倍ほどを手にすることができる計算。

無論資産も負債もすぐに換金・償還されるわけではない。「相殺する」計算に深い意味合いは無い(古切手や古銭、美術品を山ほど抱えていても、大金が必要になった時にすぐに換金できるわけではないのと同じである)。他の値も併せ、その国の財政状態を概要的に知る程度のものでしかない、状況の改善を模索するための参考資料程度のものであることに留意しておくべき。同時に、概要的な状況を推し量る指針の一つとして、心に留め置いても損はない値であることも事実ではある。

■関連記事:

日本は1990年代からデフレへ突入していた…日米中のGDP推移

円ドル為替相場の移り変わりをグラフ化してみる(最新)

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロではないプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。また「~」を「-」と表現する場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。