トップはサウジアラビアにあらず…主要国の原油確認埋蔵量をさぐる(2019年公開版)

↑ エネルギーは多様化しているが、原油(石油)は今でも重要。(写真:アフロ)

国際石油資本BP社が毎年発行しているエネルギー白書「Statistical Review of World Energy」には、主要国のエネルギーに係わる多彩なデータが盛り込まれており、エネルギー面で考察する際には非常に役立つ資料として注目に値する。記事執筆時点では2019年6月に発表された「Statistical Review of World Energy 2019」が最新のものだが、今回はこの掲載データを用い、原油(石油)確認埋蔵量の現状と推移、シェアなどを確認する(※)。

まずは、直近2018年とちょうど20年前、1998年における原油確認埋蔵量の動向を確認する。BP社の資料には相当数の国のデータが記述されているが、全部の国を挙げてもきりが無いので、2018年における上位国に絞って掲載を行う。

↑ 原油確認埋蔵量(2018年時点の上位国、億バレル)(1998年、2018年)
↑ 原油確認埋蔵量(2018年時点の上位国、億バレル)(1998年、2018年)

まず驚くのは南アメリカ北部にある国、ベネズエラの量の多さ。この20年間で4倍強も増え、サウジアラビアを追い抜く形となった。これは同国の開発技術が進み、採掘が可能とされる原油の量が飛躍的に増加したことを起因としている。一方で同国の原油確認埋蔵量には多くの「重質油」「超重質油」(オリノコタール)が加算されている。これらを抽出するには技術的困難を伴うだけで無く、費用もかかることが指摘されている。

他方、ベネズエラほどでは無いが、イランやイラクなどでも原油確認埋蔵量の大幅な増加が認められる。これらの国の国際発言力や自信の高まり(特にイラン)も、理解できる。また、カナダも大きく増えているが、これはアメリカ合衆国同様にシェールオイルによるもの。

次に示すのは、原油確認埋蔵量の世界全体値に対するシェア。例えば2018年のベネズエラは17.5%であることから、世界中の抽出可能な原油全体量のうち、17.5%がベネズエラに存在する計算となる。

↑ 原油確認埋蔵量(2018年時点の上位国、世界全体値に対するシェア)(1998年、2018年)
↑ 原油確認埋蔵量(2018年時点の上位国、世界全体値に対するシェア)(1998年、2018年)

先に挙げたベネズエラ、さらには値そのものは小さいがカザフスタンがこの20年間で大きくシェアを拡大している。カナダもシェールオイルの恩恵を十分に受けている。一方で世界全体の採掘量の増加を受け、サウジアラビアやロシア、クウェート、UAEなどのメジャーどころは軒並みシェアを落としている。

実際には原油の品質、輸送設備、安定性、そして抽出量(生産量)なども大きな影響を与えるので、単に原油確認埋蔵量の変化だけで石油市場動向が変動を起こすわけでは無い。しかし、パワーバランスの変化が生じていることには違いない。大きな変化が見られた国における、外交的な動向を思い返してみると、色々と合致する部分もあるのが興味深い。

二度のオイルショックを経て、なおエネルギー源のメインとして活用されている石油(原油)におけるリスク分散を図るため、日本では他の原材料の活用促進や輸入元の分散などが推し量られている。しかし昨今では震災後のパニック的な動きにより、これら中長期的な視点から見たエネルギー戦略に、揺らぎが生じていることも否めない。

少なからぬ産油国は、政治的に不安定なところがあり、状況が急変するリスクは否定できない。各国の情勢と併せ、原油価格や採掘・埋蔵動向にも注目したいところだ。

■関連記事:

石油・石炭・天然ガス、日本の主要エネルギー源の輸入元を確認してみる

原油先物(WTI)価格の推移をグラフ化してみる

※言葉の定義の補足

「1バレル」……石油・原油の量を測る単位。樽(たる)が語源で42ガロン、158.987294928リットル(約160リットルと覚えれば、日常生活では問題ない)。

「確認埋蔵量」……現在の技術で経済的に採掘できる量。科学技術が進歩して、より深いところまで採算が取れるレベルで採取できるようになれば、これまで以上に「確認埋蔵量」が増える可能性もある。当然、採掘していくうちに、そして計測ミスや再検証の結果、減る可能性もある。原油の存在が確認できても、採算の取れない場所でのものなら、その分はカウントされない。

「石油」……いわゆる採掘直後の「油」を指す場合もあるし、採掘した油からガスや水分、その他異物を大まかに取り除いた、精製前のものを指す場合もある(こちらはむしろ「原油(Crude oil)」と呼ぶ場合が多い)。今回対象となるのは基本的に後者の「原油(Crude oil)」。

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロで無いプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。また「~」を「-」と表現する場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。